うっすら残る耳鳴りと、髪に染みた煙草の匂いから始まる、ライヴハウス明けの休日

 

年中無休で芸術してるっつーの!

 

……芸術の秋って言われるとむかついちゃうんだけど、

今月は確かに気になる催しが多すぎる。

今月はライヴ8本、映画2本、あと薪能も1本というフルテン稼働のシブサワです。俺の財布は底なし沼だ。

あと1028日の締め切りの新潮社の公募も出したいな……(まだ一文字も書いてない)

容赦なく芸術の秋だ。あと寒くならないうちにディズラン行きたい

 

三連休って無駄にじゃぶじゃぶ遊べるから良いですね。遊び方がやっと分かって来た。あんまりケチケチしないほうがいいんだ。

 

というわけで十月のおさらいゴー

   

10月1日
読者の女子高生と映画に行く。

ヤン・シュヴァンクマイエルの新作映画、「サヴァイヴィング・ライフ」。

ほぼ初対面でいきなり映画デートでヤン・シュヴァンクマイエル連れてくなんて、男だったら振られてる! しかもあんまりおもしろくなかった! ヤンは実写入ってない初期の短編が一番面白いネ

(初期のヤンの短編と言えば、1026日にライヴハウス「青山月見ル君想フ」でヤン・シュヴァンクマイエルナイトがあるんだってー。日比谷カタン氏のライヴもあるんだって! 行かないわけがない)

 

読者のギャルは、なんでファンと言えどもいきなり見ず知らずの小説書きと一緒にいきなり映画行きたいと言い出したのかが結構不思議で、

「さては、この子は不幸な家庭に育って、学校にも家にも居場所が無くて、バンドを追いかけることにしか生きがいが無くて、たまたまバンド小説を書いてた私に過度なシンパシーを感じて『この人なら私をこの日常から救い出してくれるはず!』と思いつめて会いに来たんじゃないか、どうしよう心中せまられたらガクブル」と思ってたんだけど(盛りすぎました。)、

超しっかりした子で、バイトに精を出す真面目な娘で私の五倍くらい幸せそうでした。居場所ありまくりでした。ホッ

しかも113日の文学フリマの売り子やってくれるって〜やった〜!

 

で、その後新宿motionへ寄る。

続きはwebで(webだ) http://blog.rayshibusawa.her.jp/?eid=48

 

 



10月2日
ブログを二本書く。

三味線教室に申し込みする。はじまるのは11月からになってしまった。まあ丁度いいや10月忙しいし。

昨日の余韻を味わいながら空虚な時を過ごす。

 


10月3日
わたくしの対バン相手(=共著者)の柿原華子嬢とツイッターで絡んでたところ、

ヴィジュアル系バンドのライヴに行くことになる。

彼女の小説のモデルとなったバンドだ。どうなることやらことやら。楽しみで仕方ない。

 


10月4日
平日だが休み。

友人と映画観に行く。「ブラックスワン」(都内では下高井戸ただ一館だけがまだ上映中であった)

確かに二時間があっという間に過ぎてしまう、息を飲みっぱなしの良質映画なんだが、

なんか満腹感が少ない、と思ったら、ありゃバレエシーンが多いからだ。

バレエシーンの質は本当に素晴らしくて目が釘付けになってしまうんだが、

その分ストーリー可食部が少なく、なんか映画を観た感、お話を味わった感が少なし。

いずれにせよ超優良映画。

 

小説を2本書く。

この日の深夜にappleから重大発表があったようだが、その数十分前にスマートフォンをネタにした「デブフォン」http://blog.rayshibusawa.her.jp/?eid=51を書きあげ、「小説の基礎練」をコンプリートさせる。

 

とても小さい、全然無害な虫が時間を置いて二匹あらわれる。

両方殺す。虫は嫌いじゃないが同種が二匹現れると、結婚、妊娠、出産! という悪夢が広がる。

アースレッドを購入する。(そういう無害なただの虫にも効くんだろうか?)

 

 

10月5日
記憶にない

どうせyoutubeperfumeの「レーザービーム」とももいろクローバーの「行くぜっ! 怪盗少女」でも観まくってたんだろう。

 

 

10月6日
定時ダッシュをして吉祥寺月窓寺・薪能へ。

やっぱライヴハウス→フェスと同様、能だって、屋内で観るより屋外で観る方が楽しい(し、本来は外で観るものなんだよねあれ)

虫の音や薪のはぜる音が非常に風情。

演目は「経政」「葵上」。

前者はシテ(平たく言うと主役)が18歳だった。お面してるから分からんが。

後者「葵上」は、源氏に振られた女が、嫉妬のあまり源氏の妻葵上の枕元に生霊となって現れるという話。

後半から生霊が鬼に変わる。

生霊飛ばせる程の嫉妬にかられると、女は鬼にもなれるんだね……!

鬼登場シーン(衣で顔を隠して登場し、ここぞという時に衣を脱ぎ捨てる)は鳥肌が立った。

そういえば最近はあんまりないが昔は良い演奏みたりするとすぐ鳥肌が立ったものだ。やっぱクラシック音楽とか、伝統芸能にはそういう良さがある

9時近くに終演。つまり3時間近く観ていたことになるが、一瞬たりとも飽きなかった。

興味のない対バン20分も我慢できないわたくしなのにね。つまり能は面白いってことだよ。

台詞が古語だしお面してると聞き取りにくいから、

私は事前に台本をネットで落としてプリントアウトして持参する必要があるんだけど、

それさえクリアすれば誰でも楽しく観れると思うん。また誰かといこう

 

吉祥寺のやったらめったらめしが旨い、ジブリに出てきそうな素敵なレストランに行く。

今調べたらビストロ トークバックというようだ http://www.talkback.jp/index.php

 

大学院に行くという、まあ一応受験生のはずなんだがやたらめったらフットワークの軽い、古典芸能が好きでお面集めが趣味の陰気な青年と行ったんだが、まあ要は文系の院に行ったら研究者になる以外に口あんまないし、しかも研究者になるのも結構難しいし、でも院は結構簡単に入れちゃうし、なんか私はそっちに行くのが怖くて就職したクチでもあるんだが、彼がうらやましくもあり今すぐ挫折して欲しくもある。

 

私はクラスに一人いる程度の器用貧乏以上にはなれないのではないか、という冷たい悟りを開きつつ就寝。

 

 

10月7日
定時に帰った後(9月に異動してからほぼ定時帰りなんです)、

風邪気味だと感じて葛根湯を飲んだら12時間寝てしまう。PMtoAM7。

十月がすごろくだとするとこの日は「一回休み」のコマ。

 

 

10月8日
仕事(平日一日休みの代わりに、土曜出勤の時があるの)。

この日の朝十時にももいろクローバーの女祭(女性客限定ライブ)のチケット一般販売。

ママに頼むも、ママの熟女黒魔術でもかなわず。ももクロに会える日は遠い。

 

夜、高円寺いっきにてライヴハウスクラスタの85年・86年飲みに参加させてもらう。

某顔出しNGのネットアイドルとか、あとバンドマンやライヴハウスPAやレコード会社の人や音楽ニュース配信サイトの人がいた。

 

「この界隈には結構可愛い人はいるが超可愛い人はいない」とかいう話から、中高の教室での階級で割と下の方に位置づけられた人々がここらのライヴハウスに集うのだ、みたいな論が展開されたが、個人的には違和感を感じる、が、実際超可愛い、エビちゃんみたいな人はいないので頷かざるを得ない感じでもある。

 

でも、クラスのマジョリティの雰囲気になじめないからちょっとマニアックな音楽を聴いて優越感を必死で保ってた経験とか、音楽によってクラスタが選別されていったという経験が、私には無いんだ。全く無いんだ。

私は中学校高校は椎名林檎とクラシックしか聴かず、ずうっと部活でトランペットを吹いていた(小説はそんなに読まなかった)。

 

音楽でアイデンティティをアレしようとするどころじゃなかったっす。

ただ単に「ヒエー! この世には好きな音楽が無ェー! テレビ観ても気持ち悪い音楽しか流れてねー! 椎名林檎は例外的に奇跡的にたまたま見つけ出せたけど、もう日本の現在の音楽で私が気に入る音楽なんてきっと無いにきまってるー! 友達がアートスクール貸してくれたけどキモイー! 孤独―! 絶望―! あとクラシックは割と好き! もういいよクラシックだけで!」と思ってた。

アイデンティティをアレするどころの話じゃないよねもうね。好きな音楽をこの世の現在で見つけることを諦めてたからね。ここで音楽に詳しい年上の兄弟がいればね、私も少しは救われたかもしれないんだけどね。実際は二十歳超えてから、年下の兄弟(の先輩のバンド)に、救われるのですが、それはまた、別なお話……

 

まあつまり要は音楽が人間関係に絡むことは皆無だったと。

だから、今現在私がコミットしているライヴハウスの世界でも、


純粋に、そこで鳴ってる音楽が好きな人間が集まって来た、と、思いたい。と思ってる。

(私は割と強気に「自分はそうです!!」って言えますが、それはまた、別な、お話……)

 

まあじゃあなんでブスが集まるのかっていうのは説明できないけどね★

 

んでまあ、

深夜テンションになるとyoutubeで我々世代のアニメや音楽を流しまくって「なつかしー!」と言い合う会になったのだが、

おかしい、なんか私あんまり懐かしくない……。実は帰国子女だったのか私?!(違います)当時からテレビが大嫌いだったのだろうか……?

みんなモーニング娘。とかMAXとかラルクアンシエルとか姫ちゃんのリボンとかこどちゃとかおぼっちゃまくんとかパプワ君とか地獄先生ぬーべーの主題歌とかポカリスエットのCMとかを懐かしんでいたが……つかみんな、テレビ観てるじゃねーか、全然メインストリームじゃねえか。幸せじゃねえか。幸せじゃん! よかったじゃん!! 羨ましいよ!!

 

それから、私は同年代の人間が集まるんだから、仕事観とか結婚観の話を一番したかったんだけど、ちょっとできた。

レコード会社とかライヴハウスPAとか、「好きなことを仕事にする系」の会社は本当に労働条件がすさまじい。おかしい。私は「好きじゃないけど安定系」の最極端の大学職員なうなので、ギャップひとしお。

(「ボーナス出るの?」って聞かれて「当たり前じゃん」って答えてごめんなさい)

でもこういう人とガチで話す機会って、例えばずっと同じような大学の人としかつるまなければ、皆無だったわけで。話せば分かるが本当に素敵な人ばかりだし頭悪いとか育ちが悪いとか全然思わないわけよ。ていうか私の方が大体「なんでみんなこんな頭いいのに私こんなアホなことばっか言っちゃうんだろう」って思ってるよ。

多分あの場に居た人で、4050まで今の職場に居続ける気満々の人っていなかっただろうから、そこらへんどう考えてるのかすごい聞いてみたかったんだけど、多分その話自体タブーな人もいるだろうから、まあ、話もそこそこに。

 

本当はもっと話したいのにみんながどんどん帰ってく。

わたしも眠気がアレして4時に離脱。

なんか上記に毒々しいこと書いたけど、あの場はすごい楽しかったしまた開いてほしいしあの場にいた人全員ともっと仲良くなりたいと思ってます。次会った時は「あはーんあんた、あんなこと考えてたんだーその場で言わずに文字で後からしか言えないでやんのバッカー! 根暗!」って罵ってくれると好い塩梅。

うまく毒を散らす感じで書く方法を、某ネットアイドルとか某プラスチックアイグラスボーイのブログから学ぼうと思う

 

毒っつーか、要は自分が嫌いなだけなんだろうな私は。書いて書いてデトックス

 

 


2へつづく!

the interviews はじめました!

JUGEMテーマ:SNS
 

こんにちわん。

売れたいなら練習するよりブログを書いた方がいいって昔の偉いゴールデンボンバーの人が言ってたって聞いたからブログ書きまふ

 

 
じゃーん!

"the interviews" はじめました!!

 

http://theinterviews.jp/rayshibusawa

 

こっからお気軽に質問をしてね!(アカウントは一瞬で作れます)

 

このSNSのいーところは、インタビュアーが誰かインタビュイーにばれないところですよ、きっと。

なので好きな作家やら座右の銘やらの高尚な質問からあんなとここんなとこのサイズなどの下卑た質問まで、無神経に送りつけてね

 

mixiのバトンってけっこう好きだったんだけど、お友達が少ないからそもそもそんなにまわってこない上に、

答えても全く盛り上がらない、誰得な質問が多数でいまいち盛り上がりに欠けたので、

mixi亡き後こいつにあの時の高揚感を託せればなあと 

というわけでthe interviers, SNSとしては黎明期ですがまったりと応援しています、

 

内輪でもない、かといってガンガン外輪でもないtwitterみたいな私好みの不思議空間が育っていってほしいなあ

SM椅子から純文学、下鴨神社から面影橋までノンストップで

少しは日常のことも書いた方がいいのではないか、と思う。
というのもちょっと気になる人のブログ読むのはすごく楽しい(たとえその人が大したこと書いてなくても)から、
もし私のことちょっとでも気になる人がいたら楽しく読んでくれるだろうし、
というかそもそも何も書かなきゃどんな奴かなんてわからないのである。
というわけでなんと日記である。



 7/12 
人生初めての婦人科。 

……といってもラヴ的なアレをこじらせたとかではなく、子宮頸がん検診である。 

生まれて初めて、SMの椅子みたいなのに乗る。 
はじめは歯医者さんの椅子みたいな普通の椅子なんだが、 
ボタンをポチッと押すとぐんぐん上昇しながら脚が横に開き、 
先生の目線の高さに大事な女子部が観音開きになる、という椅子。 
パンツ履いてないであんなアトラクション乗ったらスースーするわ!(そこか) 

そして婦人科医は男性。 

……とは言っても和風カーネルおじさんのような柔和な方で、 
しかも初診の時は 
「渋澤怜さんですね。私○○と言います。本日はよろしくお願いします」 
と丁寧に挨拶してくれる礼儀正しいお方だった。 
多分細胞かなんかをとられたかなんかして一瞬で検査終了。結果は二週間後に郵送。 

ちなみにSM椅子の前にはカーテンがついていて、先生と私が女子部を見られながら目が合わないように配慮してある。あと付き添いの女性スタッフもいるからまあまあ安心ではあるよ。 

まじめな話をすると子宮頸がんというのは唯一ワクチンで予防できるがんらしく 
検査も杉並区の場合1000円で出来るし受けたほうがいいよ、受けなさい、とママが口酸っぱくいうので君も一緒にSM体験しようよ。 

しかし男性で婦人科医になる人の動機が知りたいネ。こればっかりは女性の方が儲かる気がするぞ……? 



7/13 
私の異動壮行も兼ねてちょっと飲もうや、と、 
課長に言われ、普段は適当にごまかして断るんだが行く。(自炊以外の料理が食べたかった) 

課長含め6人くらいで行ったのだが、 
思い出すのも忌まわしい、漠然とした説教をされ、いくら頑張って理解してあげようとしても 
漠とし過ぎて何が言いたいのか分からず、しまいには身体中痒くなってイチヌケピして帰る。 

なんか
「上司に言われたことは早く・完璧にやれ、 
上司にケチつけられてもそのケチを先読みして補ってあるくらい完璧なものをはじめに出せば文句言われない」 
的な内容だったと思う。 
そりゃそーだよな、大正論。誰も反論なんかしませんよ。 
逆にいえばお前に言われなくても分かってるし、もっと言えば言われてできるもんでもねーよwww 

しかもその課長私の直属の課長ではないので、 
一緒に仕事もあんまししてないし、過去の私の仕事ぶりに引き合わせて何か具体的なことを言っているわけではなく、 
わたしの欠点を見抜いて何か示唆しているわけでもなく、まじで一般論言ってるらしく、 
まったく私に刺さらない。 

本当居てもたってもいられなく、 
まるでクラシックのコンサートに連れられて来た野生児のごとく全身でむずがりまくり退席。 
しかし夜8時以降はマジで身体が痒い。家に帰ってシャワー浴びないとやってられん。 
これは…・…実家にいるお母さんが夜遊び禁止呪詛でも夜な夜な唱えてるのではないか。 



そういやその課長、どっかから私が純文学書いてると聞いたらしく、 
どういうのを純文学と言うの、とか、 
純文学ってオチないけど、ハッピーエンドなエンタメじゃなくてなんでそういうものを面白いと思うの、書きたいと思うの、 
とか聞かれた。 
(これもひどくまわりくどく漠然と聞かれたので質問の意図が全く分からなかったが、 
要約するとこういうことが言いたいらしかった) 

ハッピーエンドが嫌いとは思わないし、ハッピーエンドのエンタメだって全然好き、 
でも私が本当に一番好きなのは、どうにもならない問題をどうにもならないね、せつないね、って思わせる、要は“エモい”ものであって、 
そういうエモい作品では結論がAであろうとBであろうと、AかBでせめぎあうのは人間の永遠の命題であるからどっちを選ぶかなんてどうでもよいし、保留のままで話が終わっても好い 
と答えた。 
いきなりフラれた割には割にうまく答えられたとおもうからここにメモっといて使おう。君たちも何かの折には使うといいよフハハハ。 



7/14 
皮膚科で新しい薬をもらう。アレグラ。精力強くなりそう。 

7/17
弟が一人暮らしを始めるというので見物にゴー。
新高円寺から早稲田までチャリで行ったら50分かかった。
太ももが丸焼き状態になった。(日焼け止め塗り忘れた)

弟の新居は、面影橋近くの、ちょっと古くて、蔦が這ってそうな感じで、
なんともいえないドラマに出てきそうな感じである。グー。

しかもL字型のデカいデスクに、アイマックドーン! と置いてあるから
世界征服をたくらむ悪の結社みたいである。(!?)

そしてその脇には良く分からん配線やツマミがある録音機材があるので
サンダーバードばりの秘密基地みたいである(!?!)

そしてさらにその隣にはレコードプレーヤーがあり、その向かいにはギターとアンプとマイク。
ミュージシャンである(!)

つまりは
「世界征服を企み地下基地に潜むミュージシャンの部屋」で、
かなり男子の理想に近い、いや、女子が理想として思い描く「男子の部屋」に近いと思われる。

つうか兄弟なのに部屋選びから家具選びから、全然違うものね。
私の部屋は、趣味のものは一切ありません。
もう綾波レイの部屋を目指すしかないか(!)



あいつ調子こいて入居初日から #mizuno_house とかいうタグつくってパーティ試みやがった

とーらーれーたー!(!)



しかしチャリで爆走してて思ったのだがあの辺りは高円寺に負けず劣らず、叙情的でいい味出してる場所である。
川もあるし。都電もあるし。学生街だし。

炎天下の帰り道、早稲田通りチャリでぶっ飛ばしながら
「マザーーーファーッカーーーー!」と叫びつつ帰宅。
SuiseiNoboAzの歌詞はあの辺りが舞台なのが多いのでチャリで漕ぎながら聞くとまた一興。


そんなスイセイノボアズの石原氏も大好きな森見登美彦氏、のアニメ、四畳半神話体系を3話まで観る。
ぜーんぜーんおーもしーろくなーいーーー。
森見は女には分からん。やはり私は男じゃないのかもしれない。



7/18
午前四時。あまりの痒さに目覚めたが眠れず、シャワー浴びてからまた寝る。あー! もう!


マミーが美味すぎるので、朝食にマミーオムレットを作る。
http://www.morinaga-mammy.com/pyokolina/recipe5.html

あーもうこういうことできるのが一人暮らしだよね! 最高! だってマミー買っても飲まれないじゃん! 全部自分で飲めるじゃん! おやつ作り放題じゃん!

うまかったので昼飯はマミーオムレットと夏野菜カレー。
またまたうまかったので夕食はマミーオムレットと冷やし中華。

カフェ飯かwww いや、カフェ飯でもねーよwwww


昨日の口直しに「タイガー&バニー」を2話までみた。んー。おもしろくないー。
さらにリベンジで「輪るピングドラム」1話をみた。んー。こっちのほうがおもしろいかもー。しかし荻窪から池袋まで丸ノ内線で行くのは違和感がある。ハッ、「輪る」ってのとかけてるのか(深読み)

7月の底辺

 珍しく日々のことをば。

暑過ぎて思考が溶けるのも早いから冷めないうちにどうぞ(矛盾)




最近は身体中かゆくてかゆくて困っている。原因不明。
皮膚科に行っても春には「季節の変わり目ですから」と言われ夏には「汗をかくようになりましたからね」と言われ、
むしろ「原因不明です諦めてね」って潔くいってくれよむかつく!

このかゆみは実は……、見えない冬毛が夏毛に生え変わってるんじゃないか。
あるいは中の人がむずがってるんじゃないか、古い皮膚やぶって何か出てくるんじゃないか?! つーか進化か?! 
というくらいかゆい。
なぜか夜になると体中が漠然とかゆくなり、30秒に一回はどっか掻いてるという始末で本読んでも何しても半分くらいしか集中できない。これは生産性に甚大な被害だ!!

髪の毛一本触れただけでも粟立つようにかゆくなる。むろん髪の毛縛らないとやっていけない。
暑いから扇風機つけたいけど扇風機つけると風で髪があたるとかゆくてしかたないので困る。
メリットと言えば、吸われる前に蚊を殺せることくらいだ!


かゆいと言えば太宰治の「皮膚と心」っていう短編の中で主人公が「痛み、かゆみ、くすぐったさの中で一番耐えがたいのはかゆみだ」と言っていて、わりとうなずけるものがある。痛みは域値を超えたら失神できますものね。
ちなみに太宰の女性一人称モノの中でも特にルサンチマンうずまいてて面白いよ、皮膚病になった女性が主人公。身体中に赤いぽちぽちができて、もう死んでしまおう、とか、私はブス出し年増だしもらってくれた夫にも申し訳ないからこのまま消えてしまおう、とか、なんとか悲劇のヒロインぶって難しいことを考えて、でも医者いったらあっという間に治って照れ臭くなる、という話。
すぐ皮膚を病む私にとってはフェイバリットな一本です。あと、小学生の時作文が雑誌に載ったばっかりに舞い上げられて自意識こじらせてしまった元・天才文学少女の話「千代女」もね。似たような意味でね。

あーかゆい。そう言えば川上未映子さんが何かの本で、「人生の中で良い気持ちと嫌な気持ちを味わう時間を比べると、後者の方がずっと多い」と言っていたよ。
確かに前者を示す言葉(気持いい、あったかい、すずしい、おなかいっぱい……)より、後者を示す言葉(あつい、さむい、かゆい、疲れた、眠い、狭い、べたべたする、イライラする、きつい、臭い……)の方がすぐにいっぱい思いつくよね。

生活、というものが、不快による気持ちの凹みを埋める営みだとしたら、どんなにネガティヴなものだろう。おなか減ったからご飯食べる、汚いのやだから掃除する、あついのやだからクーラーする、クーラーの風が直接当たって気持ち悪いから風避けつける……。
そうやって身体のシグナルに振り回されて人生の時間の大半が埋まって来るんだよなあ、って思うと、そんなのはささっとこなしてしまって不快が無い状態で更なる快情報を積み上げていくところに到りたい、と思うんだけど(例えば本読んだり映画観たり)。というかそもそもこの二分法が不幸の元なのかもしれないけど。でも家事を楽しめばいいじゃない! とか能天気な人は言うかもしれないけど私どうあがいても本読んだり映画観たりする方が好きだし。

なんだかんだ痒かったり持病が多かったりして週3でどっかの病院に行ってる日々ですがそんな私の7月の目標は「生き延びること」。小説を書くというところまで行けるとも思わない。このままだと痒くて失神する……。