あなたのバンドを潰してあげる 東京中のライヴハウスのオーナーと寝て 〜10月1日アソロックフェスティバル〜

 

 

こんにちは! 

10月1日はアソロックフェスティバルに遊ぶ。

太平洋不知火楽団の企画に行ってきたよ!!

 

タイムスケジュールはこんなかんじ


ベーシスト大内氏直筆 


ええー。全然わかんないよー! 不愉快―!

 

しかもTて絶対太平洋だろー

 

 

この日は読者の女子とデートの予定が入ってたんだけど

(ヤン・シュバンクマイエルの映画連れてった)

(あんまりおもしろくなかった)

(俺が男だったらフラれてる)

(でも文学フリマの売り子やってくれることになった! わーい!)

 

某氏より「え?! なんで来ないの?!」みたいな入電があり

「えっ、なんでそんなに熱心に誘うの?! まっまさか、シークレットってボアズなの?!」と勝手に興奮・発情してしまい、デート後に新宿motion

 

(ボアズは客でした)

 

シークレットは「ゲスバンド」「thai kick murph」「東京カランコロン」でした。

私は全部観れてないけどね!死死死

 

太平洋に関しては前述のとおり最近褒め倒してるエモいバンド

なんかすごい音の数が少ないバンドなような気がするんだけど、詫び寂びのようなものが音間を埋めてる気がするよ。なんだよ。要は間(ま)の取り方がうまいんだよきっと。ふーん

 

「今日は(転換無しだから)お酒があんまり飲めないと思うけど、

次の曲で、僕らが酔わせてあげます!!」

とかいう名言がヒリだされておった。

 

そこからダンシングヘルが始まったんだが、あの曲はなんであんなに楽しいんだろう。あの曲選挙カーで流したら間違いなく当選する

 

 

・・・・

個人的に昨日すんごい楽しかったのは、終演後のmotionに居残ってだらだらできたこと。

 

バンドマンでもハコ関係者でもバンドマンの彼女でもない(!)、

ただの客でしかない私のことなんて誰も知らない、興味も無いだろう、ああいいなーみんな楽しそうに喋ってて、私友達すくなーい

 

て思ってたら、みんな私知ってた。なぜだ。悪名高い弟のおかげだ。

 

 

しかしなんであの世界の人はあんなに話が面白いんだろうか

あまりのスピードにびっくりしてお口あんぐりしてるわたくしに容赦なく飛んでくる駄目出し・ツッコミ。

しかし良く考えたら大半が年上の人だ。28とかだ。

私も今すぐ会社やめてバンド始めて4年経ったら面白くなれるだろうか…………。

 

「傷つきやすいひとは傷つけてこない人しか周りに集めなくなるから、ぬるくなる」

「女子がもてたいならとりあえず自分はSとかMとか言わない」

「難しい言葉使うなむかつく」

「お前は偏差値高いのにバカ」

「好きな人と嫌いな人で対応を分けすぎ」

「下品」

などの至言をたまわる。うーん痛い。気持ちいい!

忘れないようにメモしておこう! でもこんなところにメモしてるだけでもうダメなんだろうね!

 

私の周りの人ももっと私を傷つけてれくれればいいのにね

 

 

 

あとああいう時帰るタイミングがむずかしい もっと居たかったが居過ぎた気もした

しかしまあ、前からずっとすごいとか好きとか思ってた人にすごいとか好きって言いまくれたから、もうよしとしよう

 

 

 

 

蛇足

ワンチャンの意味を知りたくググったらちょっと面白いブログに出会った

http://webbusiness11.ddo.jp/~seki/wordpress/ UT-Brain Journal

 

東大生のあの、「学歴という安全ネットが張られた上での自虐」というか、

「(一日中エロゲーしながら)ハハハwww俺東大じゃなかったらマジ終わってるwww」という感じとか、

あとなんか「高すぎる自尊心と低すぎる自己評価に挟まれて必死に助けを求める姿」とか、

(「東大生なのになんでこんな簡単なこともできないんだ……俺は東大入った時点で終わったのか……ただのペーパーエリートなのか? いや違う! 違うと言って!」という感じ)

現役の時から割に嫌いだったんですが今なおとても懐かしい。

というか今の私だって全然これだ。近親憎悪だ

 

もうこれは東大生だけでグルってたら駄目で全然関係ない人にバッシバシ叩かれて直すしかない

ということを昨日の延長で考えたりしていたりしてる感じ感

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL