私たちは幸せになるためにインターネット(恋愛)をしているわけではない

case.1

遅延証明書は誰かが嘘を吐くから発行される。

ガードレールは誰かにぶつかられるために存在している。

鍵は誰かが盗むから、鏡は他人の目を借りて見ることができないから、

インターネットは他人の脳に電極を刺すことが出来ないから存在している。

 

case.2

遅延証明書はあなたが嘘を吐くから発行される。

ガードレールはあなたにぶつかられるために存在している。

鍵はあなたが盗むから、鏡はあなたの目を借りて見ることができないから、

インターネットはあなたに愛を伝えるために生まれてきた。

 

 

病院で生まれた赤ちゃんは、新生児室のマス目をびっしりと埋めつくす同胞を見て思いました。

うわ、この世、人多くね?! 俺もう間に合ってんじゃね?!

そしてさっさとママのお腹に引っ込んでしまおうとしました。なぜならそこは定員1名で、それ以上でもそれ以下でもなかったから。でも、そういうわけにもいきませんでした。

 

小学校にあがった彼は、教室で40個ずらっと並んだ机と80個の目を見て思いました。

うわ、子ども多くね?! 俺もう間に合ってんじゃね?!

そしておうちに帰りたくなってしまいました。なぜならおうちの子どもはたった一人だったから。でも、そういうわけにもいきませんでした。

 

そんな彼も学校で学び、大学まであがり、やがて仕事を探し始めたころ、ぎゅうぎゅうに詰められた就職説明会のパイプイスと黒い頭の群れを見て思いました。

うわ、働きたい人多くね!? 俺もう間に合ってんじゃね!?

そして大学に戻りたくなってしまいました。研究室には彼の席がちゃんとあったから。でも、そういうわけにもいきませんでした。

 

そんな彼も就職し、結婚し、分譲マンションを買おうとした時、1フロアに23戸、ずらっと並んだ玄関口を見て思いました。

うわ、家族多すぎじゃね!? 俺たちもう間に合ってんじゃね?! 

そして嫁とお腹の中の子供を置いて実家に帰りたくなりました、土地の余りあまっている、田舎の一軒家に。でも、そういうわけにもいきませんでした。

 

そんな彼も子供を育て、独立させ、老いていき、墓を買う時に、ああ、あの新生児室のマス目そっくりに並ぶ墓地の区画のマス目を見て、思いました。

うわ、死んだ人もう間に合ってんじゃね!? 俺死ぬ必要無くね!?

でも、そういうわけにもいきませんでした。

 

彼が死んだあと、彼のパソコンを空けた遺族は、彼のインターネットの履歴から、彼が書いたたくさんの文章を、画像を、音声を、動画を、見つけました。観ても観ても観尽くせぬ、果てしない彼の痕跡。そこに広がる世界は、新生児のベッドの1マスよりも、分譲マンションの1マスよりも、墓地の区画の1マスよりも、何倍も何倍も何倍も何倍も広かったのでした。

 

渋谷人多くね?! 俺が少ないの?!

渋谷は人が多いから嫌い、じゃなくて、本当は人が多い所についつい行ってしまう自分が嫌いです。

 

SNSは馴れ合いだから嫌い、じゃなくて、SNSを馴れ合いにしか使えない自分が嫌い、なんでしょ?

なんでSNSの悪口いうの?!

インターネットの悪口をいう人は私が許さない。

自分の悪口を言えない心の弱い人が、インターネットの悪口を言っている。

自分の悪さを道具のせいにする頭の弱い人が、インターネットの悪口を言っている。

 

ゲーム脳、スマホ脳、って、そう、よかったじゃん、性能アップしてるじゃん、もとより賢くなってるじゃん、あんた64GBも無いじゃん、よかったね、その調子でそのうち人工知能になれるね! え? 「人工知能に仕事をとられる!」だって? マスメディアは今はそんなことを言っているんだ、マスメに座って前ならえ前ならえ前ならえ前ならえの一番前の人は別なポーズとってるじゃんね、ねえ、気づかなかった? もうとっくに、あなたの仕事は、あなたより頭の良い人に奪われているんだって……

 

 

「●●を知らない人は人生の◎割を損してるよ!」と言ってる人の脳をかち割ったら、本当に脳の●割を占めるでっかい腫瘍ができていた。そうか、こんな頭じゃ、他人が他人なりに楽しみを見つけて生きている人生に思いをはせる知能なんてなかったよね……

 

 

私がインターネットをする理由は、他人の脳を見せてもらうためです。脳みそは外見が迷路のようで中身は迷路のよう

 

佐世保女子高生殺害事件の犯人の動機は「体の中が見たかった」だそうだが、私が見たいのは脳の中でよかった。

 

 

最も優秀なプログラマは愛を二行で定義する

 

それ 

 

以外。

 

 

神でもないし天使でもないし悪魔でも小悪魔でもないし処女でもないし美少女でもないけど、何か良いものでした それ以外の。☆5つです。リピ決定です。

 

私達は永遠に読みかけの小説。無限に続く書きかけの脚注。

 

男性、女性、「その他」の欄も作れないお前に「私のこともっと考えて」なんて言う資格無えよ

 

私の構成要素の複雑さを愛してください。見えない配線を見えないまま、でも「よく分かんないけどここいじたら治った」を積み重ねてください。

 

2,3発叩いたら静かになりました。何もしてないのに壊れました。えさを与えていましたが2,3日したら冷たくなりました。どうやら水が必要だったようです。リピはもうないです クーリングオフできますか?

 

 

誰かの脳でしゃべらないで 多数決の脳で否定しないで

「ネットで見つけた出会いなんて」って?! 「やっぱり、顔を見て話さないと」って?! 「お前それ、面と向かって言えるのか」って?! インターネットには顔の無い人もいるんですよ!!!!!!! 配慮してください!!!!!!!!!!!!

 

 

顔、

 

といえば、

 

自分の名前で画像検索すると、自分以外の人間が沢山出てきて、どれが渋澤怜の本物の顔かがわからない。というか大体、大森靖子と指原莉乃と初音ミクの顔だ

 

好きなものが、「好き」だと連呼したものが、自分の顔になっていくのがインターネットの素敵なところなのに、なんでみんな「ありのまま」とか「自然体」とか言うんだろうね?

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL