思い出補正演目に頼り始めたらおっさんバンドの始まり

ちゃんと情動がある人は良いなあと思う。

笑ったり泣いたりちゃんとする人。好きなものが沢山ある人。

私は心が硬い。好きなものもほとんどない。

同じライヴを観て泣く人もいる。感動できる方が楽しいと思う。

「私の感情は苛立ちと優越感と寂しさの3つしかない」と、数年前に気付いて、そうじゃなくするようにここ数か月動いてきたけど(いわゆる自愛活動だ)、油断するとすぐに29年間安住していた地に戻ってしまう。

 

ださいツイートがふぁぼられる。むかつく。

 

私が熱出してうげーってなってるツイートとか楽しいの?

 

昨日観たライヴ、ハコの思い出語りと、ハコのやめてしまうスタッフにちなんだ曲をラストにやってた。そのバンドの曲というより厳密には前のバンドの曲だ。その演奏が一番良かった。その曲以外はあんまりよくないなと思った。私はいつでもそのバンドの最新鋭を観たいから、思い出補正の入った前バンドの曲をやってそれが一番良いなんてダサいなあと思った。それはおっさんバンドのすることだ。

いまいちだなーと思ってたけど、演奏後知人と話してたら皆良い良い言ってたし私は体調がかなりしんどかったので(のちにインフルと判明)、黙ってフェードアウトしてしまった。こんな同窓会みたいなのは嫌だと思った。卑怯なことに私は帰りにバンマスにLINEで不満を伝えた。「おっさんバンドまっしぐらだ」と打ったら、「ガーン!!」というスタンプが返ってきた。あー気づいてないんだ、誰よりもおっさんを嫌って、おっさんになるくらいなら死を選ぶのも辞さない人なのに。

 

(私がおっさんと言う時は、年齢のことじゃなくて、「新しいものを学ばなくなった人」「変わることより安定を好むようになった人)のことだ)

 

私だったら思い出補正演目なんて絶対やらない。それはライヴ中に目の前にいる私を観てもらうことを捨てて、思い出の幻影と二重写しされた私を観てもらうことになるから。そんなの絶対やだ。ライヴというもののただ唯一の価値――目の前に人間がいること――を自ら棄損することになるから。

それでも満足できるやつは、ライヴなんか観ずに、動画でも観てればよい。

 

余談だがライヴ中に動画を撮ってすぐSNSで共有する奴も謎だ。なんでわざわざライヴに出向いてるのに、ライヴの唯一の価値を自ら棄損する真似をするんだろう。自分の目の玉で目の前で起こってることを目撃することに集中すれば良いのに。ライヴ来なかった人とは、ライヴの良さなんて絶対に共有できないんだから、あきらめて、潔く自分の胸で味わえば良いのに。

 

 

まあ、残念ながら、おっさんバンドの思い出補正演目に涙できる感性の方が遥かに得だと思う。感動できるポイントは多い方が人生楽しい。

 

私の情動は、誰も受け止めてくれない。私の情動は誰も受け止めてくれない私の情動は誰も受け止めてくれないツイッターさえ受け止めてくれないむかつく クソみたいな体調不良ツイートと自撮り(アー写)ばっかふぁぼって、バカじゃなねーの!? 私だよ??

 

他人に情動を受け止めてほしいなら、ちゃんと外に出すこと(フェードアウトしないこと)、そして他人の情動も受け止めること。

それができないから、まずは自分の情動を自分で受け止めようとしている。また私しばらく外出しなくていっか、ってなってる。

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL