手のないひとは指紋認証もできない

今日は完全なる休日で予定もない日だった。

風邪気味なのにも関わらず、脳みそのコンディションは好調で、ずっと文章を書いていた。書いている。8時から今の18時まで、ずっと書いていた。すごく充実して、達成感がある。

でもそれは、普通の人が会社に行って1日に働く時間とほぼ同じなのだ。つまり私は週4,5回バイトをしているが、今日のような時間の使い方を、週4.5回、バイトに捧げているのだ。

 

今日のような、充実した文章量を書いて満足できる日なんて月1,2回しかこない。

となると私は一体、一番やりたいことをないがしろにして一体何をしているんだろうか? 生き延びるための小銭ってそんなに優先すること? まだ貯金7ケタあるのに?

 

どうしたらよいか分からない。小銭で良いから文章で食いたいと思うし、まったく策が無いわけではないが、全然出来てないと思う。

 

貯金が尽きるまでバイト辞めればいいんだろうか。でも週7日、自由に使えたら、私は一体、どれだけの時間を「本当にやりたいこと」に使えるだろうか。大いなる空白が怖くて、適当な、本当にやりたいことじゃないことで、たくさんの時間を埋めてしまうんじゃないだろうか。実はそれが一番怖い。

 

だってまだ寂しいし。

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL