私は「最高」と言い合えるバンドメンバーがいないから、自分で自分を「最高」と言わなければならない 〜20170211弟のバンド「宙に浮いた扁平足」との姉弟対バンについて

「全て自分の時間だ」と、最近よく思う。

他人にとられている時間なんか無い。全部、自分の時間だ。

バイト先でデータ入力するフリしながらサボってネットサーフィンしてる時間も。

コンビニのレジ待ちの列でイラついてる時間も。

楽しくできる範囲の親切を超えて、辛くなってる時も。

徹夜でSUUMO見てる時も。

自分がそうしようと選択してそうしている。嫌なら今すぐやめられる。とりあえず、にこっとするなら今すぐできる。

 

起きている時間の1秒たりとも、自分の時間じゃない時間なんて無い。

 

朝が得られない。朝を得たい。水商売をやったり深夜につるむ友達が増えたりしたけど、元来朝型なのだ私は。

朝早く起きるだけで調子が良い。夜ってだけではかどらない。(人に会ったり人と遊んだりは出来るが、書けないし読めない。家にいると眠くなる)だから最近の課題は、朝いかに起きるか。

 

夜型にした方が多分連絡つきやすい友達多いけど、他人に付き合って夜更かしするのはもうやめた。

 

夜更かしとか、分割睡眠とか、憧れるし、ピダハンはうたた寝だけを眠り繋いでまとまった熟睡をとらないし人間にとってそれが不可能ではない睡眠スタイルなのは知ってるけど、私には無理だ。憧れは無駄。私は、決まった時間に寝起きして食べる、根っからの農耕民だ。

 

まだ余裕で7ケタある貯金の心配をしている。農耕民だからだ。

自分の尻を叩いても平たい未来しかない。自分を甘やかして甘やかして好きなことしかしないゆえに好きなことをプロ級に極めた時に道が開けると信じるしかない、とりあえず貯金がゼロになるまでは戦える。自分を甘やかす勇気がありますかね、実は結構、好きなことしかやらないってキツい。でも私の尊敬する人たちは大体、好きなことしかやらないと決めてこのチキンレースに耐えた時期がある

 

自分を甘やかしてやれるのは自分だけ。自分を愛してやれるのは自分だけ。自分を最高と言ってやれるのは自分だけ。

 

 

 

2/11は弟の誕生日で、弟のバンド(宙に浮いた扁平足)の企画ライヴだったけど、こんな最高のバンドを観ても、羨ましくならなったのが大進歩だった。男に生まれてバンドやりたかった病が再発しなかった。なぜかというと、私のライヴもあまりに良く、十分に個性的で、そしてそれは私ひとりじゃないと絶対にできないから。

 

 

 

https://www.youtube.com/watch?v=O87vQJ_uB1A

弟の誕生日を逆説的に祝う動画です。

 

 

君たちがなぜ互いを最高と言い合うのかわかったよ。半分は暗示、半分は弱いから。

 

新宿motionは私が客として最も多く通ったライヴハウスで、初めて楽屋入ったけど全然なんということもなかった。全然なんということもないのだ。が、過去の私はきっと現在の私に憧れていただろう。

 

そんな姉弟対バンライヴを観れくれてたライヴハウスのブッカーの人がいたく私を気に入ってくれたので4月のライヴも決まりました。ブッカーとかイベンターって「好き」じゃなくても「穴埋められるから」「呼んだらすぐ来てくれるから」「手頃だから」なんてだけでも十分にオファーの理由たりえますが、まず好き好き言ってくれたので「好きなんだな?! じゃあ呼べよ! 3月な!」「いや3月は…無理、4月でいい?」「いいよ4月のいつ? 何日?」と詰めて決めちゃいました。(もちろん「じゃあ呼べよ! 3月な!」と言うのは「3月は急すぎてさすがに無理だろうな」と分かって言ってる。それで相手に「4月でいい?」と言わせるのがポイント)

 

4/5、下北沢Queな。キャパ280……でかいな〜…………

 

 

あと余談ですが営業は直メが一番効果的です。チラシもツイッター告知もほぼ無意味です。フォロワーそこそこいる私が言うから真実です。

2番目に効果的なのは口コミで、太い客が連れてきてくれる友人が貴重です。

でも、知り合い一人もいなくて居心地悪いの分かってるのにわたしを観に知らない場所に毎回足を運んでくれる純客が、純粋なお客さんが、私は一番尊いと思っています。

 

 

だから弟の誕生日ライヴだろうが出演者半分知り合いだろうが、私は内輪臭いライヴなんて一生しないよ。

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL