夜を越えたご褒美に

今度は大森靖子妊娠本(アルバム『TOKYO BLACK HOLE』のおまけの本)を読んでまた泣きそうになってしまった、今日は大森デーだ。生理はさっき来たからもう大丈夫だろう。

どうも好きな人を好きと思うことにブロックをかけてしまうタチみたいだ。照れるし怖い。自分の感情を持ってかれるのが怖い。でもちゃんと感情を出さないと感情のっぺらぼう、末期にはただの漠然と寂しいという感情に支配される人になってしまうから、感情は絶対に出したほうがいい。大森靖子ちゃんは、ファンのどんなキモい愛も受け止めてくれるっていう安心感があるから最高だ。

逆に、私のことを好きな人の愛を、受け止めるのも、私は下手だ。なんか、よくわからない。相互フォローが嫌いだという話をしたけど、なんか多分これと通じる。愛してほしいはずなのに愛しがいのない態度ばっかとって申し訳ない。

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL