朗魔2と、売れる方法

朗魔2

 

「詩の朗読」(ポエトリーリーディング)なんてダセえ、退屈だ、という先行イメージを全部覆すイベントだった。

こんなことこんなことを書いてた私がバカに見える。

真の朗読なら5分だろうと15分だろうと集中力を途切れさすことなく聞かせられるし音楽にも勝ってる。

 

良い朗読を見たおかげで、自分のダメさもわかったしお手本にしたい人もたくさん見つかった。ぶっちゃけ私は朗読を甘く見ていた。

 

そしてやはり真の詩は即興なのだろうなと思った。即興詩人というイディオムがあるようにね。

そうするとバチッとテキストを組んでステージに臨む私はちょっと違うのかな、やはり紙の上だけで勝負したほうがいいんじゃないかな、という気もしてくる。

それか普段の技を封じて別フィールドの戦いの場として割り切るか……。

なんにせよ攻撃力が足りない。

 

さて、こんなに素晴らしい演者がそろった神イベントなのに動員が数十(オープンマイクにも出なかった純客は果たして何人だったのだろうか)というのは本当にせつない、みんな全然食えてないなんて悲しい、という話を、深夜の渋谷の公園で食えてるアーティストの方をまじえて話した。

めちゃめちゃ努力だし、自分の宣伝部長を自分でやらなきゃいけないし、それと並行して自分の表現活動もブラッシュアップしなきゃいけないし、普通に二人分(以上?)の馬力が要る。しかし会社員との二足の草鞋とどっちが辛いか。必要なのは才能ではなく覚悟、とのことだ。

 

 

詩の人に会うと「自分は文章がやりたいんで」って逃げるし、

小説の人に会うと「自分はエッセイで世に出るんで」って逃げるし、

私本当ズルいな。

 

月20本ライヴに出たり、イベントを企画するかわりに、

物書きとして何をしたらいいんだろう? わからない。

 

 

ちなみに私が昨日読んだのはこれ

 

・・・・・・・・・・・・・

 

 

「シーンを作る」という言葉がある。

自分のバンドだけで延々ブッキングライヴに出てても意味ない、自分たちでイベント企画してイケてるバンド呼んで群れで目立ってのしあがっていこうぜ的な趣旨なんだと思う(よくわからない)

オワリカラ、SuiseiNoboAz(3人体制)、太平洋不知火楽団、FarFranceなどがバリバリ活動してた頃、一緒にイベントとかコンピCDとか作ってたTOKYO NEW WAVEというものがあったな。

 

あとは「コラボ」ってやりかたもあるみたいだ。

大森靖子ちゃんはアイドルと対バンしたり、服を作ったり詩を書いたりしてる異分野の女子カルチャーの同志とタッグをくんだり、してる。それはインディーズの時からしてる。

こうすることによって、音楽聞かない人に対してもアプローチできるし、コラボ相手のファンをゲットすることもできる。

 

じゃあ、私と同世代で、テイストが似てて、ほどよく無名で、一緒に組んでくれそうなイケてる物書き(あるいは絵描き、デザイナー、音楽家など)とかいるかなあーと思った時に、

ぱっと思いつく人がいないのだった。

 

ほんと広く浅いはずの交友関係がまじで広く浅いだけで、やみくもでめちゃくちゃだったんだなあと反省する、

というのは嘘で、

真の反省は

「全然ひとに興味もててねえな自分」ということだった。

よく調べずに「自分が一番自分が一番」と思ってるのは本当ださいなー。

 

売れてる人はよく動くしちゃんと調べるし攻めてるし愛を配ってるし頭も下げてる。

 

 

私は、物書きの中では「よく動く」ほうだという自負があった。

ネットにチャットレディ体験記を載せるというえげつない方法を駆使してテキスト投稿サイト「CRUNCH MAGAZINE」で一位になったし。そこの文学賞で最終候補にもなった。

あと文学フリマでは派手な装丁とタイトルの本を作って、文学フリマという中ではかなり売ってる自信がある。

Twitterのフォロワーも結構いる。

 

「自分で餌を巻いて、食いついてくる人を待つ」スタイルはできてるつもりだったが、

それでがっぷり食いついてくれる人っていなかった(ファンはたくさんできたありがとう、でも今探してるのは同志)

 

 

 

 

 

 

あ、もうひとつ思いだした。

「見初めてもらう」というやり方がある。

すでに地位を築いてる人に「お前は才能がある」と認定してもらい、階段の上から手を差し伸べてもらうのだ。

ただこれは狙ってやるといやらしい(し狙って出来るものでもなかろう)。

やはりよく動く調べる攻める愛を配る頭を下げるに終始する。

 

 

あーもうつらいよ疲れたよ一人じゃがんばれないよ、彼氏より五億倍作るのが難しいのが同志とプロデューサーだろう。

 

人に興味持てないし愛想も足りない、攻撃力も足りない。

どこを強化するのが一番早いんだろうか。死死死死死

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL