みんな受け入れられたがっている

合コンをテーマにした番組をみていたら、前半戦終了後に司会が合コンメンバーにカメラを向けて「今のところどの人が気になっていますか?」と聞いていた。

ひとりの名前をあげて、気になる理由を問われたら皆「受け入れてくれそうだから」と答えていた。

皆そう答えていた。皆受け入れてほしいんだなって思った。

皆バカじゃねえのって思ったけど、私も似たようなシチュエーションになった時に、同じことを言っていた。

皆受け入れてほしいんだ。

 

受け入れてくれそうな人は皆のことを受け入れるぞ? 自分だけを受け入れてくれそうで自分以外の人を受け入れない人を探すのは難しいぞ。それは少女漫画に出てくる男子だな。

 

受け入れられたいけど受け入れてもらうだけじゃどうせすぐ不満になって面白い返ししろよとか省略後多くてもツーカーでわかれよとか文句を言いだす。だってそーじゃなきゃ親に不満持つわけ無い。最高の受け入れ存在にさ。

 

同じこというのが超嫌だ。

毎回違う話したい。たとえ相手にとって初耳でも私にとって二回目以降だから出身地も酒強い弱いも話したくない。

先日の飲み会は久々の仲間の集いだったにも関わらず「久しぶり」とも「今何してるの」とも聞かれなかった。遅れて来たら「今大事な話してるから」とあしらわれキリの良いところで「今日生理?」と聞かれた。

私をディスるなら「恥部触れい」か「乳房割れ目」が妥当だと思うがまさかの「未洗浄のオナホール」と呼ばれた。もう人格すらはく奪されアイデンティティは穴だ。最低だけど最高だ。(確かにその場で紅一点だった)

私さ挨拶も嫌いなんだ。

君の今日に合う最高の挨拶をオーダーメイドで送りたいよね。

血に飢えてるの?

 

私の音楽は一拍子だしリフレインもなく全部サビだし多分ね音楽ができない理由は同じこと二回やりたくないからだよ詩も全部新作、ほんとは即興にしたい。

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL