「心配してる」っていう言葉が使えない

「心配してる」っていう言葉が使えないんですよ。

こっちがあなたに勝手に興味をもって、あなたの大変そうな状況に勝手に思いを馳せてるだけなのに、それを恩着せがましく「心配してる」なんて、言えないんですよ。

ましてや向こうはそれこそ心配されるに足るような状況なんでしょ、そんな時に、心配してる相手(私)を安心させるために余計な手間をとらせたくない。

なので私は「心配」している時、斜め上なんかを見ながら「いや、ちょっとどうなったか気になってさ」とか言う。

ただし、向こうが大いにこっちにコミットしてきて心配させるような状況を作った場合は堂々と「心配させんなよ!!」って言う(例えば「大変だ大変だ」とか言い散らした後に連絡を絶つとか)。

心配に権利があると思ってるんだろうな。

愛にも大体同じことが当てはまる。

勝手に愛して勝手に偉そうにしない。

だいぶ因果の絡まりあった相手にしか「愛してるのに」なんて言えないだろ

感情を人質にとるのは不幸だよね 感じてるだけで尊いっていうのでいいじゃん。黙って心配して、「あー私心配してるなー」って思ってりゃいいんだよ。偉そうに他人に開示した時から政治が始まる

わたしこれ小学生の時から考えてるので、ガキの頃から大人に好き勝手心配されてマジ迷惑だったなー。

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL