20141003大森靖子メジャーデビューシングル「きゅるきゅる」発売記念2DAYS『2日間で超楽しい地獄をつくる方法』@東京キネマ倶楽部

 この人死んじゃうんじゃないだろうか、と思いながら
ハラハラ見守る大森靖子じゃなくなった。


背水の陣敷いて一人で戦ってて、凶暴過ぎて

こっち斬られるんじゃないかと怯えながら目撃するライヴではなくなった。


多数の人に下支えされて、絶対肯定感の中で、

まるで無数の王蟲の触手の上に立つナウシカみたいな大森靖子だった。


 

高円寺のギター一本で立つ、でもギターさえすぐ壊してしまうような、

不安定な大森靖子が好きだったが、

 

しかし大事なのは安定している大森靖子も最高だということだ。


 

いつでもMステ出れそう、

目の動きも表情も見違えて、衣装もステージ装飾も抜かりなく、

めちゃめちゃ調子乗ってくす玉とか作っちまう君は

あの時よりもっと私を楽しませるね。

メジャーデビューしたのにくすぶって終わったあの男3人のバンドよりずっと。


 

音楽は魔法ではないし出す武器全部出して誤解されまくって検索ワードを味方につけて、似合わないブリブリの服を着て後ろ指さされ続けてくれよ。



だってそれが“勝ち”だもん。




 







 

 

 

無限初体験。最高に良い言葉である。

 

(くす玉の上に乗ってるのはしQちゃん)私はしQちゃんはアンチだ。

「女は子宮でモノを考える」を体現しているという時点でアウト。


 

 しかしこのステージ装飾はいかん。どう靖子ちゃんを撮っても頭にちんこ生えてるように見える。

 

 

今後の懸念としては唯一アーバンギャルドと似ていかないかという点である。



コメント

いつも楽しく拝読してます。質問してみます。

質問1
質問してもいいですか?

質問2
なんでコメント少ないのでしょう?

質問3
もう正社員として就職しませんの?

  • 今田げんぞー
  • 2014/10/08 08:01
トラックバック
この記事のトラックバックURL