【拡散希望】世界一わかりやすい渋澤怜完全応援法 〜今なら! 文藝賞二次通過長編が無料で読めるよ!〜

おひさしぶり! 

 

シブサワファンのみんなー! 元気かな〜?!?


 今日はみんなにウマい話を持って来たので、是非最後まで読んでくれ!!

 

 

文藝賞受賞作家兼天才プログラマの

今村友紀(いまむらともき・愛称いまむー)のことは知ってるかな??

 

一年半前の文学フリマでは、渋澤怜とブースを折半して妙な物議を醸していたよね。

 

彼が最近作ったサイト「CRUNCH MAGAZINE」をご存知かな。

 

簡単に言うと、小説投稿サイト!

 

でも従来のサイトとは違って、単純なPVでランキングを決めるんじゃないところが面白い。

 

良い書き手が推すと無名の書き手が人気急上昇したり(つまり「見初められる」)、

レビューが巧い人は「レビューが巧い」ということを評価されてのし上がれたり、

アイドルのCDみたいに同じ作品に何回もお金を払えるシステムがあったり

(後述のポイントボタン。要は有料イイネです)、

 

とにかくランキングが波乱万丈になって楽しいのだ。

 

文学賞○次通過、なんて奴がごろごろいて、

かなりレベル高い作品が揃ってるのも特長です。

SNS黎明期の、少数の精鋭による一番アツい時期を迎えてるんじゃないかな、CRUNCH

 

ちなみに黒田勇樹氏、坂上秋成氏もいるよ。

 

(設計思想については天才いまむーがめったくそ分かりやすく語っているのでこちらみてね)

 

~シブサワのふざけたプロフ欄を見てみよう~

 

で! シブサワは今12位。神7落ちしました。クソ! ファック!

 

 

そこで、フォロワー600人の皆様、

そして大体400PV/日(投稿日)を保つブログ訪問者の皆様に

お願い、そしてウマい話があります。

 

単刀直入に言うと、渋澤怜の順位を上げてほしいんだー!!

 

 

【なんで順位上げたいの?】

 

じゃーん

https://i.crunchers.jp/p/release

CRUNCH NOVELS新人賞」が、昨日、20131129日付で発表されたのです。

 

選ばれれば、ディスカバートゥエンティーワンという出版社から本が出るらしい。

『超訳ニーチェの言葉』とかがバカ売れしてる、例の出版社だ!!!

 

というわけで、とりあえずエントリーしたんだけど、何をもって審査するか良く分からん。

でも、予選ではCRUNCH MAGAZINE内の順位も審査に使うかもしれないんだって。

 

だから、とりあえず、順位を上げておきたいんです!

 

【別にいいけど、ウマい話って何よ?】

 

渋澤怜の長編二作、

49回文藝賞二次通過作「音楽の花嫁」

(紙版1000円(ソールドアウト)、CRUNCH500円※)


50回文藝賞二次通過作「おばさんは小娘に殺される」

CRUNCH500円※)

が、

 

タダで読めます!


 ※2013.12.7追記 CRUNCH版も無料化しました


というのも、1pt1円相当のポイントが、今はサイトのキャンペーンで

1000pt無料」なのです。

 

つまりタダのポイントをもらって、シブサワの長編二作を読めるってことだね。

 

「音楽の花嫁」については本も売り切れてしまって増刷予定も無いので、

ウェブで読むしかないよーん! 

「おばさん~」はもとから本版が無い! つまりここでしか読めないのです!

 

既読の人にとっても、

後述のように私はこれからCRUNCH MAGAZINEでしか読めない作品を

たくさんアップしてく予定なので、ぜひ今のうちに登録してほしいな!

 

ちなみに1000ptプレゼントキャンペーンの終了時は明かされていません。

だから早くやっといた方がいーよ! この機会にねっ!

 

 

【どうすればいいの?】

とっても簡単です! 多分最速5分で終わる。

 

■1 まずはこちらのURLをクリック。

https://i.crunchers.jp/i/auth/register

「新規登録」から、メアド、パスワードを入力しアカウントを作ろう。

 

Twitter認証でもOK。その場合は多分10秒くらいです。

 

■2 ログインしたら、左上の1,000ptを受け取るボタンを押して……

 


やったー! よく分かんないけど1,000ptゲットだ! ラッキー!!

1,000ptは、買うと千円します!!! 

 

■3 とりあえず、渋澤怜をフォローしよう。

(フォローすると、私の更新履歴が簡単に見られるようになって便利。デメリットは全く無し)

 


左下の「ユーザーを見つける」を押して、上のほうの「探す」を押し、「ユーザーランク上位」を押そう。

 

で、しばらく下にスクロールすると、いた! 渋澤怜! 12位!!

 

「フォロー」を押して、フォローしよう。

 

■4 ここからが応援本番ですっ!

 

「渋澤怜」の名前のところを押すと、渋澤怜のページに飛びます。

 


Worksの右の「see all」を押すと、私の全ての作品が見られます。

 

さあ、ここで、さっきもらった1,000ptを使いまくろう!!!

 


とりあえず作品を読んでみよう(黄色い矢印)。



あるいはこのブログの熱心な読者の方なら、既に読んでくださっている記事がたくさんあると思います。

 

書く書く詐欺の男 

『幸福な王女〜ワイルド「幸福な王子」へ真反対からのオマージュ〜』         

『「お父さんの服と一緒に洗濯しないで!」の話』

などなど)

 

その場合は、「面白かったなあ」っていうものに、下記の作業をしてもらえると嬉しいです。

そうすると、私のランキングがあがります

 

●赤い矢印の「10pt」ボタン、「100pt」ボタンは、簡単に言うと「有料イイネ」。

渋澤のところにそれぞれ7pt70pt還元されます。(ありがとう!! ポイントは後述の方法で皆様に更に還元します)

 

●黒い矢印は「採点」。何点でもいいのでつけてみよう。何点だろうとランキングがあがるらしい。

 

●青い矢印は「アンケート」(※一部の作品のみ)or「レビュー」。

感想を書こう。感想は全体公開されるので、ここで面白い感想を書くと自分の名前を売ることが出来るよ めんどくさかったら「うんこ」と書いてね。後述の通り、「アンケート」を書くと良いことがあるよ。

 

さあ、ポイントを使いきるまでやったかな?? 

 

でも、ポイントが0になっても大丈夫。

 

 

■5 アンケートを書いて渋澤からポイントをもらおう!

 

下記の作品は、「広告キャンペーン」をやっています!

 

おばさんは小娘に殺される

音楽の花嫁

書く書く詐欺の男

 

アンケート(作品の感想)を書くと、

その感想の内容に応じて作者から48~160ptがもらえます。

 

「この感想クソだな」と私が思うと48pt

「なんていい感想だ! この感想のおかげで宣伝になるー!」と私が思うと160pt還元するというシステムなんですが、

 

私はぜったいに160pt還元することにします!

 

なので、がんがんレビュー書いて下さーい 「うんこ」でいいから!!!!

 

 

(レビューが書かれたことに気付くのに数日かかることがあります。ごめんね。待っててね)

 

 

Amazonとかと一緒で、

どんなクソレビューだろうがともかくレビュー欄が賑わってる方が良いのだよ。

 

というわけで書くことが無い場合はとりあえず「改行がうまいですね」とか書いておこう。

 

 

■6 持てるサブアカ、捨てアドを使いまくって1~5を繰り返そう!

 

 

 

【それはいいけど、貴様の目的は何だ】

 

有名になりたーい! いえーい!

 

 

……今までは文藝賞に投稿してきたけど、

昨今の出版不況、文芸誌の売れ行き不調などとにかく暗い話ばかり聞いてて、

「ほんとに文藝賞に応募するだけでいいんかな?」と思ってました、私。

 

それに加えて「新人作家が編集者に新作小説を送っても読まれるまで3カ月かかる」

(つまり、放置プレイ! その間もちろん雑誌掲載の話にもならないから、収入ゼロ!)という恐怖すぐる話を聞き、新人賞投稿へのモチベーションはダダ下がり。

 

そこに昨日舞い込んだこの新人賞の告知でした。

 

従来の新人賞というのは、

ある日、文芸誌の紙面の「二次通過」欄に自分の名前が載るだけで、

「あんたの作品のここが良かった」「ここが悪かった」とは一切知らされないものだった。

 

でも、CRUNCHは違う。

 予選通過後の審査は全て公開でやるって書いてあるし、

 「作品」ではなく「作家」を見る、

つまり、CRUNCHや各SNSや同人での活動等のセルフプロデュース能力まで含めて

審査する、というじゃないか。

 

これはつまり、公開審査の上で、

「どこが良かった」「どこが悪かった」ということが全て明確に分かるはずなんだよね。

 

「下読みがクソだから落ちた」みたいな愚痴を言う必要はないんだよ!

何度読んでも訳分からん「選評」とやらを読んで、傾向と対策を練る必要も無いわけだよ!

文壇を占める有名作家達の密室の談義で受賞作が決まるわけじゃないんだよ!

 

フェア! オープン! そしてフェスティヴァール!!

 

 

 そしてそして、私が今まで「小説読んでほしい」と思ってやってきた広報活動の全てが

審査に含まれるってことなんだよね。

 

つうか「キャラ」勝負? ならわたし、有利やん!(キャラの濃さなら負けない)

 

 

よって、

なんか、こっちの方が面白そう!!

 

公開審査って、ASAYANのモーニング娘。のオーディションみたいな感じかな?! 

わくわく!!

 

 

……という感じです。

 

 

とはいえ、正体不明実績ゼロ、謎のCRUNCHに全人生を賭けるのはバカバカしいので(!)、

3月末までは従来通り公募の小説を書くことに専念します。

(まだなーーーんも構想してないけど。大丈夫だろうか……☆?)

 

CRUNCH新人賞の応募締め切りは430日。

つまり、430日までに私がCRUNCHランキングを上げられるかが勝負だと思います。

 

てことは、実質、投稿作を書き終えてからの201441~30日が本番だね。

この間には、めちゃめちゃ面白いコンテンツをCRUNCH内に投下しまくる予定ですので、

お楽しみに!(もう考えてます!)

 

と言うわけで、どっちにしろCRUNCHに登録しといたほうが、いいよ!

どうせなら、1000ptがタダでもらえる今のうちに、ね!

 

いや、でも、わかる、めんどくさいよね? めんどくさい、という気持ちもわかる!

 

そういう人は、とりあえず、リツイートしてちょ!

そしたら別な人がかわりにやってくれるはず……☆!

 

(いやねえTwitterの影響力だって審査に含まれるんだから、こういう方法だってアリですよ)

 

 

フォロー・ミー!!

 

 

そして、予選に残ったら引き続き、応援よろしくぅっ!!

 

 

 

10000ptぶっ込んでくれた人にはえっちい写真あげます(適当)

 

 

 

ウィズラヴ! シブサワレイ

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL