20141124第19回文学フリマありがとうございました

昨日の文学フリマに来てくれた皆様どうもありがとうございました!

 

戦績は

新刊「世界ちゃんとバラバラ・ガールズ・ディストピア」20冊、

既刊「チャット嬢をやってみた」12冊、

既刊「ファッション・メンタル・ヘルス」9冊、

既刊「音楽の花嫁」6冊、

既刊「蜂と蜜」5冊、

既刊「(どうでも)イイネ!」4冊、

56冊でした!

 

いやあ、ぶっちゃけ、全然売れなかったですねwwwwwww

相当シビアな戦いを強いられました。

どうやらいろんなところでイベントがかぶって全体の客入りが少なかったそうです。

でもブースに立ってる間はそんなこと知らない&知ってても関係ないので

「わたしの本つまんないかな……?」「文フリ界(そんなものあるとすれば)に干されてるのかな……?」「わたし死相出てる……?」「この前2chにも載ったし不買運動でも起きてるんんか?」とどうでもいいことを考え、へろへろに疲弊しまくってましたw

自分の本売れないと自己否定感を押し付けられますね。

あとはブースをちょっと節操ない感じに装飾しすぎてしまったので、

自分でダメージをうけてましたw

 

「週刊SPA!」の中吊りを真似て作ってみた。

でも見世物小屋感すごくてブース立ってるだけでけっこう消耗した……なにこの自傷……。

 

ほんとう翻って、大森靖子ちゃんとか増田ぴろよさんとか逆風を受けやすい創作を行ってる人はマジすごいなと思いました。

わたしも結構それイケるほうだと思ってたんだけど、まだまだハートが弱すぎたw

ネットで何書かれても割と平気なのだが、リアルだとまだまだ対峙できないよ。

修行の道が長いなあと思いました。

 

さてそんなへろへろのシブサワ、数少ないお客さんにも手厚い対応ができず後悔(そしてまた落ち込む)なのですが、それでも買いに来てくれた方本当にありがとうございました。

 

クソリプとかマジうざいし、自分は好きなアーティストに対してリプも握手も全く求めない(ただ黙ってお金を落とす&ふぁぼとリツイートするだけ)派なのですが、自分が逆の立場になると、ふぁぼとリツイートだけって超不安なんだよね。「アンチファボじゃないの」「晒しリツイートなんじゃないの」とか、いくらでも疑える。

しかしリアルでもネットでも「好きです!」「すごい面白いです!」「応援してます!」とか言われるととてもうれしいものなのですね、今更ながらに気付いたよ。

 

あ、お金を落としてくれるのもすっごいうれしいですよwww

 

 

という感じです。お金を落としたい人はAmazonで「チャット嬢を買ってみた」「ファッション・メンタル・ヘルス」「(どうでも)イイネ!」を買ってねー…………!

新刊欲しい場合は「新刊通販してください!」とリプかメール(info@rayshibusawa.her.jp)すると良いよ。10人くらいいた場合はAmazon委託を検討します笑

 

 

というわけで、今後もシブサワレイを見ててくださいね、もっと面白くしてくからさ!!

 

 

あ、ツイキャスやりまーす!!

 

 


******************************

1129日(土)21:30

「チャット嬢をやってみた・えくすとら! 

名うてのビッチ・リナちゃんと渋澤怜のその後〜」第2

http://twitcasting.tv/rayshibusawa
******************************

 

みってねー◎

20141124第19回文学フリマに出展するよ!

 おはろーシブサワだよ!

 

相も変わらず第19回文学フリマに出展するよ! そろそろお局だね!

 

******************************

 
19回文学フリマ

http://bunfree.net/
2014/11/24(
) 11:0017:00

@東京流通センター第二展示場 Eホール・Fホール

(東京モノレール「流通センター駅」徒歩1分)

入場無料

 

******************************

 

 

シブサワのブースは「オ-1516」です。

 

 

新刊はー……?? 

 

出ます!! 

 

さっき入稿終わりました(!)

 

 

「世界ちゃんとバラバラ・ガールズ・ディストピア」という、

ちょっと変わった中編小説になります(40000字)。

 

■1【新刊】「世界ちゃんとバラバラ・ガールズ・ディストピア」

(中編小説・500円)

 

******************************

 

『バラバラ・ガールズ・パラダイスは、

膨大な女の子パーツをあなたのオーダーに合わせて組み立てて、

あなただけの理想の女の子を提供する、全く革命的な新時代のナイト・サービスです。』

 

自分の肢体が美しいことを確認するために毎晩バラバラ・ガールズに通い

身体を分断させながらファボを稼ぐ女・ヨソミが、

世界を旅する世界ハンターに丸ごと射止められ、世界ちゃんを襲名するまで。

 

あまりに才気煥発すぎて男をビビらせてしまうこの利発な脳みそから切り離されれば私の肢体は存分に魅力的である。/せっかく世界ちゃんと一体化出来る場所に来たのに、エゴサばっかしてファボ数ちくちく数えて終わるって、しょぼいよ。/知ってる? 女の子のお腹の中には時限爆弾があるの。/君のエゴサ頻度かなりヤバい/私は普通の女の子になりたかった。だから私は全員の女の子になることにしました。/イイネ・イイネ・ディスオーダー?/化け物も乙女も老婆も魔女もすべてたたえた、私は世界ちゃんだよ、世界ハンターさん。

 

******************************

 

……何言ってるのかわかんないと思いますが、

あらすじ書けねえんだよ、不思議小説過ぎてwwwww

 

……チャットレディの体験を元に

「何カップとか脚が細いとか、

性的な視線で身体をバラバラにされて査定されることは

嬉しくもあり、でも貧しくもあるなあ」

という考察からインスパイアされた小説です。

小説というより長めのポエムのようで不思議な読み味になりました。

文藝賞は落ちた(1次も通らなかった)し、何が悪いのかも超分かってるのですが

個人的に愛着がある小説だしこれはこれで結構面白いので、

急遽製本することにしました。

 装丁by高村暦。彼女がいなければ思いついた翌々日に入稿という離れ業は不可能でした。


「世界ちゃん」にもネムルが出てきて、今度はお医者さんです。

軍人、ミュージシャン、公務員、医者……モテる職業総ナメだな、ネムル君。

 

 

あとは既刊です。

 

 

■2【既刊】渋澤怜副読本2 チャット嬢をやってみた

(エッセイ・500円) 

※残部40部、おそらく今回で売り切ります。


 


チャット嬢とは?

Webカメラを使い、パソコン上で男性客とコミュニケーションをとり報酬を得る女性のこと。』

綿矢りさ「インストール」から12年、チャット嬢に憧れ続けたシブサワが、

ついに!! 性と欲望渦巻く二次元の世界に飛び込んだ!!

ノンアダルトサイトで脱がせようとする客達との攻防、SMプレイ、人妻の「フリ」、そして職場バレ……。

さまざまな洗礼を経てひとまわりたくましくなった著者が送る、エロエロお仕事体験ルポルタージュ。

 

こちらで試し読み出来ます(全文無料)♪

 

3 【既刊】ファッション・メンタル・ヘルス(「おばさんは小娘に殺される」改題)

(純文学・長編・700円)

※こちらも残部40部、ぼちぼち売り切ります。


 


舞台は精神疾患罹患率と自殺率が数十%のディストピアジャパン。

全ての男達が自分を性的対象として見ることに嫌気がさしたメンヘラ美少女ミアハは、

自殺という形で世界への復讐を試みるが、ひょんなことから、

ファンとの性交・妊娠・出産を請け負い少子化対策に貢献する厚労省お抱えアイドル

「ファッション・メンタル・ヘルス」に加入し、

どっちかというと世界を救済することに……。

50回文藝賞二次審査通過作。

 

こちらで試し読み出来ます(全文無料)♪

 

■4 【既刊】音楽の花嫁

(純文学・長編・700円)

 

「この世界では音楽によって戦争を行っている。我が軍はオーケストラ。

熟練した技巧を身に付けた団員が紡ぎ出す天国のような音楽は、

本当に人間を天国へさらっていくのだー―」

戦場以外で音楽を禁じられた世界。男が楽器を携え、女が楽器として身を供する戦場において、

唯一「歌姫」として参戦を許された少女が、フィナーレでもたらす圧倒的フォルティッシモ。

2012年第49回文藝賞2次予選通過作品。

 

こちらで試し読み出来ます(全文無料)♪

 

 

■5 【既刊】蜂と蜜 渋澤怜第二短編集

(純文学・短編集・500円)

 


渋澤怜の恋愛短編集。

 

♪本短編集のうち3作品を試し読み出来ます(全文無料)♪

 

へや

ラヴ・ポーション・サーティワン

プルメリア、カシスローズ

 

 

※2014.11.18追記

「(どうでも)イイネ!」 も販売予定でしたが、

在庫僅少により販売を見合わせました。

Amazonにちょっとあるので、こちらで買ってね!


以上のラインナップでお送りします。

有名になる前にシブサワレイに会おう!

20140505第18回文学フリマシブサワレイ出ます!

 2014年5月5日地球JAPAN東京流通センター第18回文学フリマ出ます!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
http://bunfree.net/
「第十八回文学フリマ」 
開催日 2014年5月5日(月祝)
開催時間 11:00〜17:00
会場 東京流通センター 第二展示場
アクセス 東京モノレール「流通センター駅」徒歩1分
入場無料
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


シブサワのブースは【エ-21】です!
今回のジャンルは【ノンフィクション・ルポ・ドキュメンタリー】!

なぜかというと、「チャット嬢をやってみた」を売るからです!!

もちろん純文学も売るけど、だって、小説以外のコーナーの方がもりあがってるんだもん笑
会場の熱気を貰って、エロエロドキドキお仕事ルポルタージュを売りさばいてこようと思います。

意味無く強気に200部刷っちゃったので、みんな、買いに来てね❤❤


以下、販売書籍情報!

■1【新刊】渋澤怜副読本2 チャット嬢をやってみた
(エッセイ・500円)


小説投稿SNSマガジン「CRUNCH MAGAZINE」上で
大好評連載(ぼちぼち10000アクセス!!)の
チャット嬢をやってみた」を書籍化! 
\脱ぎます、ヌキます、喘ぎます!/
身体を張った渋澤怜の渾身エッセイを文学フリマで手に入れよう。

チャット嬢とは?
『Webカメラを使い、パソコン上で男性客とコミュニケーションをとり報酬を得る女性のこと。』 
綿矢りさ「インストール」から12年、チャット嬢に憧れ続けたシブサワが、
ついに!! 性と欲望渦巻く二次元の世界に飛び込んだ!! 
ノンアダルトサイトで脱がせようとする客達との攻防、SMプレイ、人妻の「フリ」、そして職場バレ……。
さまざまな洗礼を経てひとまわりたくましくなった著者が送る、エロエロお仕事体験ルポルタージュ。

■2 【新刊】ファッション・メンタル・ヘルス(「おばさんは小娘に殺される」改題)
(純文学・長編・700円)


舞台は精神疾患罹患率と自殺率が数十%のディストピアジャパン。 
全ての男達が自分を性的対象として見ることに嫌気がさしたメンヘラ美少女ミアハは、
自殺という形で世界への復讐を試みるが、ひょんなことから、
ファンとの性交・妊娠・出産を請け負い少子化対策に貢献する厚労省お抱えアイドル
「ファッション・メンタル・ヘルス」に加入し、
どっちかというと世界を救済することに……。
第50回文藝賞二次審査通過作。

こちらで試し読み出来ます(全文無料)♪


■3 【既刊】音楽の花嫁
(純文学・長編・700円)


「この世界では音楽によって戦争を行っている。我が軍はオーケストラ。
熟練した技巧を身に付けた団員が紡ぎ出す天国のような音楽は、
本当に人間を天国へさらっていくのだー―」
戦場以外で音楽を禁じられた世界。男が楽器を携え、女が楽器として身を供する戦場において、
唯一「歌姫」として参戦を許された少女が、フィナーレでもたらす圧倒的フォルティッシモ。
2012年第49回文藝賞2次予選通過作品。
こちらで試し読み出来ます(全文無料)♪

■4 【既刊】渋澤怜副読本1 「(どうでも)イイネ!」
(エッセイ・500円)
自撮り、エゴサーチ、アイコン詐欺……。
SNSを使う人ならだれもがぶち当たるであろう、
ネット上の自己演出や自意識の問題をテーマにしたエッセイ集。
「SNSは良質な自意識を育む格好の土壌ですーー」

こちらで試し読み出来ます(全文無料)♪

■5 【既刊】蜂と蜜 渋澤怜第二短編集
(純文学・短編集・500円)


渋澤怜の恋愛短編集。

♪本短編集のうち3作品を試し読み出来ます(全文無料)♪


■6 【既刊】バンドマンとは付き合うな
(純文学・短編・300円)


インディーズのロックバンドがたむろす小さいライヴハウス。
そこに現れた、フリル満点のお洋服に身を包み、
お目目を輝かせてバンドマンを見つめる、三十超えの勘違い女。
ハンバーガーに似た顔のそいつを私たちは"バーガークイーン"と名付け、
ウォッチし始めた……。 
ステージとフロアと愛と奈落を書き上げた本格「ライヴハウス小説」。

こちらで試し読み出来ます(全文無料)♪




半年に一度しか会えないみんなに会えるのを楽しみにしています!
お前らも、半年に一度しか会えないシブサワレイに会うのを楽しみにしろー!

本当、インディーズの私が一日中シブサワレイになれる、半年に一度だけの日です。
みんなでわたしをシブサワレイにしてください!


会いに行ける小説家・渋澤怜に文学フリマで会おう!
(※握手、写メ、サイン等は頼んでもいないのに勝手に行う場合があります)

第17回文学フリマ購入本感想:山本清風「私はあなたに触れたいという欲求が 私はあなたに触れられないという禁則から逆説的に生まれていることを知ったとき、 私はあなたに生かされていると感じる。」

 文フリ随一のイケメン! 山本清風!

 

山本清風にイカサレたーい!\(^0^)

山本清風にイカサレたーい!(^0^)

 


※イカサレました。

 

 

この小説、「イカサレ」というのは略称で、正式なタイトルは

 

「私はあなたに触れたいという欲求が

私はあなたに触れられないという禁則から逆説的に生まれていることを知った時

私はあなたに生かされていると感じる。」

 

です。

 

ミソジニー受容男ウケ承認ビッチとクソサブカルナイーブ野郎の痛快挫折譚!

 

いやー、

「山本清風は小説よりtwitterの方が面白い!」

とかナマイキなことも言えなくなっちゃったねー

こいつに関してはマジで面白かった!

 

twitterで出してるシャレとか言葉遊びとかオカマワナビーぶりとかが全部出てる!

 

ビッチが「産む機械」とSNSで送れば処女は「産まない肉体」と返す。

 

クラスのリア充クラスタが開くBBQにいやいやながら参加し、でもすぐみんなに見えないところ行ってタバコ吸って孤独を気どりつつ同時に誰かに見つけてほしいなあとも思い、文化系なのになぜかジャージを着てる、ひねくれ黒髪ポニーテールJK2年の河原明日架ちゃん。

 

いーなーいーなーそれいいなー♪ 生―えるタイプの不毛だよー♪

 

「頼むのが苦手な人が立場の逆転した瞬間、断る天才となる」

みたいな日常に役立つセンテンスも満載。

 


フセンペラペラつけて大量ふぁぼしました。

 

 

このふぁぼ数だけでももう、大絶賛して人にすすめる理由たる!

今回の文学フリマ購入本の中でダントツ1位で面白かった!!!

 

 


 

ただまあ何が不満かっていうと、筋が凡庸過ぎるってだけだね。

 

好きじゃない男とヤって、本当に好きな男に気付いたけど、時既に遅し、

屈折してビッチになりました、みたいな。

 

最後に明日架ちゃんは性的承認欲求をSNSで満たすのですが、

もう90年代からブルセラとか援助交際とかテレクラとかあったし既視感、

これ結末としてはやっぱ弱いわ。

 

思えば

「私はあなたに触れたいという欲求が

私はあなたに触れられないという禁則から逆説的に生まれていることを知った時

私はあなたに生かされていると感じる。」

というタイトルも、

「エロティシズムとはタブーに対する侵犯の欲望である」

みたいなド王道なことを言ってるに過ぎず、

「長い」こと以外は超ふつー。

 

 

まあこのネタで生まれるべくしてこの小説は生まれたんだろうと思うし、センテンスレベルの面白さが散りばめられている以上プロットが凝り過ぎるのは良くないってのは分かってるんだけど、コンセプトなりテーマなりプロットなりでオリジナリティ出さないと絶対にメジャーデビュー出来ないし……

 

いや、でも逆に、これぞ文学フリマでしか読めない小説だ、とも思えるんだよね!

ただのメジャーデビュー系小説の劣化コピーを買うよりも、

いろんな意味でメジャーにいけないけどキレッキレの山本清風の小説を買うのは、

正解!

 

渋澤怜の「(どうでも)イイネ!」と

山本清風の「イカサレ」を買えば

とりあえずサブカルクソ野郎向けの文フリお土産セットとしては

申し分ないでしょう!!

 

 

 

 

あー「文学フリマ非公式ガイドブック小説ガイド」も、

せいふーの評定文が一番面白かった。わたしのは二番だ。

しかもわたしの評定文は、

山本清風の軽妙的確アドバイスをいただいて

リライトした上でのことであった。くやしー

第17回文学フリマ本感想:犬尾春陽「マズロウマンション」~「中二病でも歌詞は書ける!」の話


文学フリマ随一の美人! 犬尾春陽!

 

いぬおんのマズマン!\(^0^)

いぬおんのマズマン!\(^0^)


 

※使用感あり

 

本人が

「自信作過ぎて他の既刊は持って来なかった。これだけ買ってくれればいい」

と豪語するのにノせられて1000円もするのに買ってみたんだけど、

確かに面白かった!

 

前半で紹介される物語のモチーフがとにかく胸躍るものばっかりで、ひたすらエキサイティングなんですよ。

 

舞台は、マズロウの欲望段階説を体現する五階建ての「マズロウマンション」!

その人間の欲望の段階によって入居する階が決定し、

自分より上の階には不思議な力が働いてなぜか登れない! という魔法の館!

 

1階で三大欲求すら満たせず徘徊する魑魅魍魎!

3階で愛に飢えてる女の子!

5階で自己の芸術の研鑽につとめるストイックなピアニスト!

 

階違いの悲恋!

 

そして6階にある管理人室には誰も辿り着くことが出来ないんだけど、

6階ってことは、五段階の欲望段階の更に上をゆく、つまり、管理人は悟り開いてんの? それとも非実在? 幽霊? という謎!

 

「物は投げても身を投げるな」のルールのもと、

自殺しようとベランダから身を投げてもなぜか自分は死ねず、

かわりに自分が命の次に大事にしているものが落ちてしまうというエモい設定!

 

5階のピアニストへの片恋慕に絶望してはウサギを落下させている3階の女の子……

なんてモチーフ選びも素敵過ぎて幾度となく線をひきまくったねー

 

 

とにかくエキサイティングだった!

 

前半は。

 

 

 

が。

 

後半、「実は時間が……」みたいな話が始まるあたりから急に凡庸になるっつうか

おっぴろげたモチーフを使って物語をドライブさせていく段になるはずが

急につまんない消化試合はじめちゃうんだよねー。

 

館の主マズロウ、6階の謎の管理人、5階のピアニスト、3階の女の子、

そして4階の主人公をもちいてなんとか話にオチつけようとゴチャゴチャやってみましたって感じ。

 

前半あんなにのめりこんで読んでたのに、

「お前らの痴話喧嘩とかノロケとかどーでもえーわー」

ってなって、急速に興味を失ってしまった

 

だからその点が非常に惜しかったんですよ。

 

 

 

 

で。

 

あとがきに書いてある通り、

この小説はLIPLICHというバンドのCD「マズロウマンション」の歌詞世界に

インスパイアされて書かれたものらしい。

 

で、「LIPLICH マズロウマンション 歌詞」でググると

犬尾氏のブログがトップに出てくんのね

 

http://sanguria.exblog.jp/18187600

 

 

これ読んで分かったんだけど、

私が前半に褒めちぎったモチーフって

全てこの歌詞の中に登場してるものなんですよねー

 

前半の風呂敷広げる段がすごくエキサイティッドしてた私が、

後半でなぜ興味を急速に失ったかっていうと、

前半の「モチーフおっぴろげパート」と

後半の「ストーリーテリングパート」が合致してないからですよ。

 

極端に言えば、3階と5階の悲恋はマズロウマンションなんか出て来なくても

ただの階級格差恋愛の話としても書けるわけ。

 

マズロウ要らねえやろっつう。

 

マズロウの欲求段階説にもとづいた5階建の「マズロウマンション」

つう神設定を生かすなら

絶対に「欲望」をテーマに据えるべきだった。絶対に。

 

例えば5階のストイック芸術家が堕落して下の階に引っ越すとか(適当)

時がナンチャラつう設定は出さんでえーかなと思った。

 

 

・・・・・・・・・

 

 

歌詞つうのはすごく無責任なもんで、

やっぱ小説より圧倒的に書くのが楽なんですよ。

(メロディに乗せるという難しさは無視して、

「物語世界をいい感じに匂わせる」という点のみに限れば)

 

いわゆる中二病で

「物語の世界観とキャラの設定ノートだけめっちゃ詳しく書いて、

でも小説の本文を書く段には至らない」

という症状があると思うんだけど、

つまりねえ「物語の設定を作る」のはめちゃめちゃ簡単で楽しいけど、

「小説の本文を書く」にステップアップするのは結構大変なんですよ。

 

でも、歌詞を書く時って「設定ノート」だけでも許されるんですよ

 

 

だから、同じくらい「すげー!」と思わせることの大変さは歌詞<<<<<小説。

 

 

まあ前半をエキサイティングに書けただけでも犬尾氏の功績だとも言えるし、

(もちろん歌詞世界だけでは情報が足りないので、犬尾氏がいろいろと設定を付け足しているのだが、それも歌詞世界にフィットしてるし、文体も綺麗で雰囲気出てるしテンポも良く楽しく読める)

 

後半をドライブ出来なかったから犬尾氏全然ダメや―んとも言える。

 

個人的には後者のスタンスだ。

(というのも私はテーマがガツンと伝わる話が好きで、文章の巧さとか雰囲気とかには何の重きも置いていないからだ!)

 

 

まあでも前半読んでる一時間かそこらはマジ楽しかったし、

文学フリマで売ってる本の中では人にすすめてもいい本かなあと思います。

今回の文フリで買った本7冊読んだけど2番目に面白かったんよ。

 

 

 

1番は山本清風の「イカサレ」だ!!

 

 

 

というわけでまたブログ書くね。

第17回文学フリマありがとう〜「サークルクラッシャー☆レイ」?!

 20131104文学フリマ、無事終了しました!!!

 

「(どうでも)イイネ!」32冊、

「バンドマンとは付き合うな」21冊、

「蜂と蜜」5冊、

「音楽の花嫁」6冊(完売)、

「おばさんは小娘に殺される」10冊、

 

74冊売れました。

新刊無しな割にはよくやった方じゃないでしょうか。ありがとうございました!

 

 

 

今回の自分の中のテーマは「アイドル対応」でした。

マジかよ! アラサーの癖に! 違うの! 最後まで聞いてー!

 

 

アイドルっていうのはあんなに可愛いのに決して驕りたかぶったりせず

ファンへの感謝の気持ちを忘れずにいつもファンに丁寧に接してるじゃないか。

 

それを見習おうと思ったんだ。

 

いつもわたし、

 

「ハーン私の本面白いしー! 

私のこと面白いって崇めて私の本を買いに来るお前らは私より下だしー!」

 

と思ってる超やな奴だったのですが、

今回はそれを少し改めようと思ったのです。

 

でも実際ブースに立つと照れるしテンションなかなか上がらんし、

大したおもてなしもできませんでした。

塩対応にもなれやしない! ちゃんちゃん

 

まあ何はともあれ、ありがとうございました。

 

 

 

**********

 

 

 

半年に一度、一日中渋澤怜になれる日が今回も終わりました。

今回強く気付いたのは、

「みんなのお陰で渋澤怜になれてるなあ」ということでした。

 

誰も本を買ってくれなきゃ、ただの、やたら派手なブースに立ってる変な人です。

だから買ってくれた人本当にありがとう。

 

正直今まで、さっきの

「ハーン私面白いしー! 私の本買う奴は私より下だしー!」

よりも強く感じていたのは、

「インディーズの小説をわざわざ買う人の気がしれない」

という違和感でした。

 

だって、プロよりも高く売ってるインディーの本買う奴ってバカじゃないの?

クオリティも保証されてないし権威も無いし読んでも誰とも話題共有できないし、

BLとか二次創作やニッチな雑誌ならともかく

小説、しかも純文学買う奴って本当意味不明、プロの買えよ、って思ってたわけ。

 

あまりにも解せないので、

「みんな、身内で買い合ってるだけあろう、ワナビが気にし合ってるだけだろう、

文学フリマ全体がそういう場なのだろう」

と思い込んで無理矢理腑に落としていました。

 

じゃないと自分の本が何十冊と売れる現象が理解出来なかったんだよ

 

 

twitterのフォロワー数もブログのアクセス数も増えればとても嬉しいものだけど、

数字はいまいち信じられない。

 

「どーせ商業アカウントだろ」「巡回ボットだろ」といくらでも疑える。

だってtwitterのふぁぼもリプライも、ブログのコメントも、全然つかないんだもの。

 

数字じゃ死人と一緒じゃない。

 

でも知人の結婚式で久々に会った高校の後輩に「ブログ読んでます」と言われたり、

文学フリマで「毎回買ってます」「twitterフォローしてます」

と言ってくれる人が現れてやっと自分にファンがいるということがよく分かった。

 

分かっても今までは

「ケッ有象無象に好かれても意味無えわ」

「なんで私に話しかけてくるんだこいつ」

とか思ってたんだけど、

 

(「バンドマンとは付き合うな」や「(どうでも)イイネ!」の8章で書いたように、好きなクリエイターに対して自己アピールをしてくるファンの気持ちは痛いほど分かるが同じくらい心底みっともないと思ってるんだ)

 

でもやっぱり好かれてるのは嬉しいし、

インディーだろうとメジャーだろうと身内だろうと何人だろうと、

認められてやっと始まりに立てるのである。

 

ファンに冷たくすれば上に行けると勘違いしてたんだろうか?

ファンに冷たくすれば内輪から脱せられるとでも思ってたのか?

 

うん! そう!!!

 

しかしそれが間違いだと気付いたのだった。

 

 

アイドルって十代なのにこのことに気付いて偉いよね〜わたしもうアラサ〜♪

 

 

 

**********

 

 

文学フリマという場所には、

「@RayShibusawa」名義では第11回から出てるから、今回で7回目だ。ヒエー

 

正直身内だけで多分20部くらい売れるのだ。

 

(身内と言っても、私は「こいつ(orこいつの小説)おもしれえ!」ってやつしか友達になろうとしないし慣れ合いで買いあったりしないので、かなり厳しい身内と言えるだろうが、それでも顔を知ってる奴20人くらいが買ってくれてる、ということだ)

 

とにかく、フリの客が何人いるんだろうって話だ。

 

 

知り合いも増えた。合同打ち上げは50人くらい人がいたらしいけど、

半分くらいはなんとなく顔みたことある人だった。

 

「小説を書いている」という共通の趣味があるから、という理由以上に、

文フリ仲間が好きなのは、多分、私を渋澤怜扱いしてくれるからだ。

普段はtwitterやブログでしか演じることのできない渋澤怜というキャラを

リアルで演じさせてくれるからだ。

 

しかし、それって本当に好きなの? 物書きごっこしてるだけやん? 

いわゆる慣れ合いってやつやん?

承認欲求満たし合いサブカルクソ身内慣れ合いやん?

 

そう思ったから時にはわざと冷たくしたり、

「貴様の本はつまんない」ってわざわざ言って遠ざけたり、

「買って」って言って近寄って来た奴を追い払ったりしてたの。

 

それから「こいつ好き」と「こいつの小説好き」の違いを峻別しようとして、

「いい人だけど書いてるものクソだし近付いちゃだめだ! こいつは! あああ」

とくだらぬ葛藤をしたりとかね。

 

さらには文フリ全体をサブカルクソ身内慣れ合いだと思って、

「こんなとこ出ても意味無い」

「こんなとこ出ていい気になってる奴はおかしい」

と思って、思ってるくせに、出る(なぜなら在庫の山があるから)、そして文フリ合わせの新作は出さずに文藝三次落ちの長編に「ハク」をつけて売ってる……っつう、往生際の悪い自己否定をぐずぐず続けている傍から見たら相当ヤな奴にも見えただろうねえ。

 

だからと言ってもクソつまんない小説売ってる奴よりはよっぽどいいけどね、ハッ。

 

何にせよ私はクソどうでもいい他人からどう見られようと全く気にしないからその点は問題無かったよ!! 

「音楽の花嫁」飛ぶように売れたしな! プッ!!!

 

 

……

 

私にとっては1年前から言ってる通り文フリは「ピアノの発表会」でしかなく、

だから文フリに命賭けてる奴らは頭おかしいんちゃう? と思ってた。

 

 

(長らく文フリに出てるけど、少なくとも小説界隈では「ブースで本売ってたら編集者の目に留まってデビュー!」的なシンデレラストーリーはまったく聞かなかったから。)

 

仮に何百部も売れて、イベントの枠を超えた話題になるならともかく、

トップ層とて私の倍も売れてないわけですよ。身内プラスアルファですよ。

 

『小説を書く仲間を見つける/コミュニティに入る/承認欲求を満たす』

 

私が文フリに参加したのは小説を売るためでも儲けるためでもなく

(売れないし儲けないのは知ってた)、

上記三点だけだったので、その欲望が満たされつつある今、いや、己の承認欲求の大きさを自覚し文フリのトップ層狙う程度では全く満足できないのだと思い知った今、私にとっては転機なんだろうなあ。

 

 

確かに面白い人に会えた!!!

仲良くなれた!!!

ファンもついたしアイドル言われるし承認欲求も満ちた!!!

 

 

「クソサブカル身内慣れ合い」と心中disってた私に

初めて文フリに対する感謝が芽生えた今こそときめきメモリアル。

イエイ! めっちゃメモリアル。

 

 

文学フリマ、ありがとう!!

文学フリマ、ありがとう!!!

 

 

しかし甘やかされたのも事実なのだ。

文フリを出たら誰も私の本なんか買ってくれない

(「(どうでも)イイネ!」はAmazonに委託して半年になるけど20部売れてません)

 

あのイベントの「祭感」「ここで逃すと一生買えないかもしれない感」に煽られて、

インディーの本がバカバカ売れてく、それが文フリなのである。

 

本当は文フリの外でも売れるコンテンツ力を身につけたい。勿論。

 

 

 

うすうす気づいてるかもしれないけど、

そろそろ私、文学フリマを卒業する時なのかもね……!

 

 

『渋澤怜、文学フリマを卒業?!』

 

 

でも文フリのテッペンとってないのに卒業っていうのもなんだか気に食わないものがあるわ。

テッペンとってこそdisれる山があるってもんだ。

 

仮に文学フリマのテッペンをとってもシンデレラストーリーが起こらないとして、

自分の身でそれを実感しないと卒業もクソもないわけである(ただの退学)

 

 

というわけで次回文学フリマではちゃんと書き下ろした小説を書いて、

テッペンとったろやないか、という気に少しなっている。

 

(と言っても今なってるだけで、半年後にはどーでもよくなってるかもしれないし、

往生際悪く在庫売るだけの奴になってるかもしれないし、わかんないけどね!)

 

せっかく書き下ろすなら文フリに特化したネタを書かないと意味無い。

 

ってことは……

 

 

 

 

「サークルクラッシャー☆レイ」

 

 

 

 

これでキマリだねっ☆☆☆!

 

 

私の名前はシブサワレイ!

ジャンルは純文学! 特技はサークルクラッシュ!

落としたサークルは数知れず! 人呼んで「サークル潰しのレイ」!

 

 

そんでもって実在するサークル名を出してはパコパコしまくり「サブカルクソナイーヴ野郎!」と罵るアスカ型のレイちゃんになって来週もサービスサービス、だねっ!

 

 

 

目指せ、鬼畜ヤリマン道場!

 

 

 

 

あなたと、「合体☆配置」!

 

 

 

全然関係ないけど私今度ネットラジオやってみたいなと思ってるのよね。

気になる小説家とネットラジオで対談しつつ取材してサークルクラッシュ小説のネタに出来たらとても便利じゃないか。

 

うへへーこれできまりだなっ。

 

 

 

あっ、でっでも、半年後に気が乗らなかったらフツーにいつも通りのブース出すかもしれないからねっ!! 期待しないでよねっ!!

【エ02】20131104第17回文学フリマ出ます!【今回は二階】

 おはろーん シブサワだよーん

 

地球JAPANトーキョー蒲田第17回文学フリマ出ます!

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日時:2013114日(月・祝)11:0017:00

場所:東京流通センター第二展示場(EFホール)

※シブサワのブースは【エ02】(二階のFホール)!

   (東京モノレール「流通センター駅」徒歩1分)

http://bunfree.net/?17th_bun

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

シブサワのブースは【エ02】、2階のFホールです。

まさかのお誕生日席な上に

文学フリマの重鎮、「鬼畜ヤリマン道場」で有名な龍堂薫子さんがお隣ということで、

いやがおうにも期待が高まりますね。

 

配置表はこちら↓

http://bunfree.net/?17th_circlenumber

 

いやはやクジ運良過ぎだろ。

それとも運営に推されてるのかなあー?

 

今回は純文学ではなく、エッセイカテゴリで登録してるので、

いつもより賑やかでお客さんも多そうなゾーンで楽しみだなー。

 

「純文学界隈一派手なブース」で名を馳せた(自己査定)シブサワブース、

どこまで目立ち切れるのか。

埋もれないように更にモリモリアゲアゲで挑もうと思います。

 

え? そういう戦いじゃない? そうだっけ。

 

 

113日はシブサワさんの誕生日なので、

「お誕生日おめでとう!」と言ってご機嫌をとろう!

 

食べ物をくれるともっと喜ぶよ!

 

ファンレターラブレタープロポーズ婚約指輪遺産相続書の類はもっと喜ぶよ!

渋澤先生に励ましのメッセージを送ろう!

 

 

 

さて、気になる販売物ですが、

 

【1】「渋澤怜副読本1 (どうでも)イイネ!」500

【2】「バンドマンとは付き合うな」300

【3】「蜂と蜜 the sting and the sweet500

【4】←new! 「おばさんは小娘に殺される」

   (第50回文藝賞二次通過作)500円  こちらのweb版を

A4コピー用紙に印刷したものになります。製本はしていません。

部数限定(約20部)のため、確実に欲しい方はinfo@rayshibusawa.her.jpかTwitter @RayShibusawa にご連絡の上

取り置きをおすすめします。

 


 

「(どうでも)イイネ!」をガチで売るためにエッセイカテゴリで登録したのです!

 

でも、気が早い人はamazonでも買えるから、買ってね

 


 

 

 

文藝賞二次通過の知らせを聞いてから一日経ち、

ゆっくりとゆっくりと落ち込みつつあるところです。

 

普通逆〜 普通ゆっくり立ち直る〜

 

 

ブレイクスルーを見つけないといけないなあと思いますねえ

家でずっと座って本読みまくったり構想ノート引っ掻きまわしたりする以外に

構想をする方法があるのかもしれないね。知らんけど。

 

1年に1本しか書けなくて、

しかも書いてるのは2ヶ月だけで、他の10ヶ月は遊んでるか構想してるかどっちかで、

つまり、12ヶ月分の10ヶ月は

「私は小説を書けないクズ野郎だ」と思っているのです笑

 

2ヶ月間はドーパミンが出まくってすごく楽しいんだが。

 

しかもそうやって1年の多くの時間を投資しまくった小説が、去年から成長なしっていうと、

ちょっとは落ち込むわよねー

 

 

まあいいわ。目にもの見せてやる(←なんか意味分かんないけどなんか格好良い言葉)

毒食わば皿まで(←同じく全然意味分かんないけどなんか格好良い言葉)

20130428超文学フリマありがとう

ヒャッホウ! レイシブサワだよー

2013428日(日)超文学フリマ! 

シブサワブースに来てくれたみんな、ありがとうー

 

「ニコニコ超会議」内の併催イベントということで、

相当厳しい戦いが強いられると思いきや、

シブサワブースは

 

「(どうでも)イイネ!」47冊、

「バンドマンとは付き合うな」22冊、

「音楽の花嫁」10冊、

 

79冊売れましたー! 干されなくて良かったよ! やったね

 

以下は楽しい思い出だよ!

 

 

〜前日までのあらすじ〜

 

427日(土)、ニコニコ超会議一日目にも客として参加していた渋澤は、

「なんかみんなつけてて欲しくなっちゃった」という甘い理由で、

ごニコニコ動画のテレビ君のアンテナを模したカチューシャを購入。

 

うっうっ……ディズニー行っても耳買ったこと無いのに……不覚……!

 

なんでこんなのを購入してしまったかと言うと、

自意識過剰仲間のガーリエンヌ紙野まじおが次々と

Twitter上で自撮り晒しをする流れがあって、そんな中わたしも

「ええい顔晒しちゃえ!」と文フリ宣伝用ニコ生に出演しちゃったりして、

「かわいい」とかいうコメントを2,3件もらったりして、

うん、要は、調子乗ってた!

 

で、うきうきしながらつけてったらBLANK MAGAZINEの吉永に

 

「なに付けてんっすか。あんまり無茶しない方が……」

 

と言われてガックリ気落ちしました。アラサァーェ……

 

●今回は装丁担当者の柿原華子嬢と交代で売り子をしたんですが、

髪形も服の好みも似てるので、霜月みつか

「あの、渋澤さんの2Pカラーみたいな人、誰ですか?」

と言われました。私がマリオ、華子さんがルイージってことだな!★

 

ちなみにルイージはルイージで、ニコニコ超会議を満喫していたようです。

 

ルイージがニコニコ超会議で彼女連れてデートしているwwwww

 

私が見た時も、マリオが不在の任天堂ブースにて、

子供にからんだり「写真撮れ!」と決めポーズ連発したりしてすげえウザかったです。

つうか常にドヤ顔でウザかった(着ぐるみだからね)

 

山本清風が和服で登場。いつもの5割増しでイケメンに。

以前わたしが「本売りたいならキャラ付けしろよ!!」と

言いまくったからかもしれない。

でも和服の中に肌着着てるし、下駄じゃなくてスニーカーだったので

激怒しておきました

「もっとはだけろよ!! 乳首出せ!!!」

 

●通りすがりの女子二人組が私のブースを観て

「自意識過剰だってキャハハー★」

と言って去っていった。んだよ!! 買え!!!!

 

ちなみにブースはこんなんでした。

 

「幕張よ、これが純文学だ。」というキャッチは完全なる自己満足で、

やはり超文学フリマじゃ純文学は全然売れなかったよ。

 

●途中、BLANK MAGAZINEのブースの売り子を30分間だけかわってあげる。

「きゃりーぱみゅぱみゅの小説、無料配布してまーす」

と言いまくったので、だいぶ「きゃりーぱみゅぱみゅ」の舌滑が向上した。

ちなみにきゃりーぱみゅぱみゅの無料配布小説はここから読めるよ

 

●「超ボカニコ村」という、初音ミク音楽を延々流すブースが

超文学フリマの近くにあったため、

ミクの音楽を聴きながら超文フリを巡れるという僥倖が発生。

 

ちなみにそのブースは、DJがポツンといて、初音ミクの音楽を延々流すだけなんです。

映像も無いし、誰かが踊るステージも無く、

別に初音ミクの着ぐるみもフィギュアもあるわけじゃない。

DJブースの周りにぐるっと広い空間があるだけなの。

でも、その空間を群衆が埋め尽くし、

「うおー!!」とか言いながら踊りまくり、サイリウムを振り回しまくっていたんだよ。

やっぱり初音ミクは「いない」ことこそ本義だし、

「声だけ」が聞き取れるのが本義だし、

みんなのテンションで作り上げるものなんだなってことが良く分かったよ。

平たく言うと、


初音ミクは、みんなの心の中にいるんだね……!!☆☆

 

……まーみんな、普段は家でニコニコ観ながら一人でにやにや聴いてるだけの音楽が、

こんな広い場所で馬鹿デカい音で鳴らされて、皆と共有できるとしたら、

そりゃあ喜び勇んで踊りまくるわな。

このブースが一番盛り上がっていたことが、

「ニコニコ動画とは何たるか」ということを考えるカギになりそうですね。

 

●打ち上げの思い出。

「後輩書記シリーズ」の青砥十氏が、

主人公ふみちゃんのライバル役として私を出してくれることになった。

佐藤の「渋澤レイの闘病」(絶対移動中vol.13に掲載)に続き、

シブサワレイの二次創作二作目である。

作品の二次創作ではなく、作家自身の二次創作! 

こりゃ新しい試みなんじゃないだろうか!

あー! キャラ立ちしてて良かったー!(!)

夢は並みいる文フリ文豪に渋澤怜二次創作を書いてもらって一冊の本にまとめて

「渋澤怜ファンブック」として売り出すことだねー! 牟礼書かない?(私信)

 

秋山真琴は、

渋澤怜がお菓子に入っているウイルス(菌?)っていう小説を考えてくれた。

お菓子を食べた小学5年生女児が次々と渋澤怜になってしまう!

「最近の小学生女子、みんな自意識過剰でエゴ強くない?」

と大人たちが気付くももはや手遅れ、

人類は渋澤怜化を食い止めてこの世界にとどまるか、

渋澤怜を捨てて他の世界へ旅立つかの選択を強いられた――

 

みたいな壮大なSFを考えてくれたけど、

「オチが見えたので飽きた」っつって書いてくれないことになった

 

しかし私、まさに小学5年生の頃

「みんな頭悪すぎ! 意志疎通めんどい! みんな私になっちゃえばいいのに!」と

思ってたので、そのことを見抜かれたみたいでびっくりした。秋山頭いい

 


さて、字数限界が近付いて来たので、

ニコニコ超会議レポは別立てにします!

とにかく超文学フリマ、どうもありがとうございましたーつづく!

シブサワレイが新刊を見せびらかしつつ同人印刷所のオススメを語るブログ

ヒャッホウ! レイシブサワだよー!

 

今週末の超文学フリマで売り出す新刊「(どうでも)イイネ!」が刷り上がったので

見せびらかしつつ、同人印刷初心者向けにオススメ印刷所などをガイドしていくよ!

 

(だって〜? 告知だけだとウザいじゃ〜ん? 何らかの新情報が無いとお得感醸し出せないじゃ〜ん?)

 

うん、どっちにしろウザいね!

 

 

はいよいきます。これが昨日届いた、出来たてほやほやの今回の新刊。どーん

 

 

【1】本を作ろう!

 

今回使った印刷所は「EditNetプリンテック」。

私好みの、紙クズっぽい(!)ガサッとしたバルキー系の紙や、クラフト紙、

少年漫画の紙なんかが充実してるよ。ちょっとラフで個性的な本を作りたい人はオススメだ!蛍光塗料も使えるから、ガサッとした紙に蛍光ピンクとかを合わせると、一気に今時っぽい感じになるよね!(それとも既に流行のピークは超えたのか?笑 どっちにしろ私は好きだ)


今回は表紙が再生上質紙135kg、本文用紙はアドニスラフ70

アドニスラフとか少年漫画の紙(←まさにこういう名前の紙がある。)は分厚い割に軽いので、ページ数が少ない本でも分厚くなって、ショボくならない、けど重くはないから搬出入に便利! いいことづくめ!


ちなみにEditNetプリンテックも相当安いのですが、他にも私が知ってる安い印刷所を挙げておくね。

 

・くりえい社

安い。しかも、文学フリマが優待イベント指定されてるので、通常月曜締め切りのパックが火曜締め切りに延びて、しかも会場搬入もタダでやってくれたりする。

「娘と狼、妻と毒。」「音楽の花嫁」「バンドマンとは付き合うな(新装版、旧版ともに)」「蜂と蜜」はここで作成しました。

「音楽の花嫁」の表紙のシャインフェイスシルバーはパックから選べる紙。お気に入り。

「バンドマンとは付き合うな(旧版)」の表紙はLKカラーという、ツルっとした真っ赤な紙。こちらはオプションだった。


・丸正インキ

友達の腐女子に教えてもらった、知る人ぞ知るクソ安い印刷屋。

「ロシアンガンジャ」はここで作成。A5100部、116p4万円代だった。つまり一冊500円で売ってもお釣りが来た!! あんだけ分厚いのに! 安ゥゥ

ただしこの印刷屋はオプションが極端に少ないのと、大イベント前は鬼畜な入稿締切日になったりするので「オプションイラネ。とにかく安くしたい! そしてスケジュールに余裕がある!」という場合は是非オススメ。

ちなみに昔、「ただであげる」という無料配布本を作ったことがあるんだけど、A582p100部、本文・表紙ともスミ一色刷りで、20000円を切りました。キエエ! 安すぎ!!



【2】帯を作ろう!

 

わたくし、3人の作家(今村友紀、吉永動機、渋澤怜)と1人のデザイナー(野条友史)で作ったこちらの本、

「チョコレート・アンソロジー 甘いものは別冊1」にて、帯がいかに大事かということを学びました。

 


ちなみにこっちが帯無し。

 

帯があったほうが、手に取りやすぅ〜い!

 

というわけで、今回の「(どうでも)イイネ!」も帯をつけてみました。

 

 

裏はこんな感じ



私のどうでもいいウザい自意識過剰系自分語りをピンクのドロドロが「どうでもイイネ!」と言いながら押し流してる感じが私のツボです。装丁者GJ


でも、帯って、お高いんでしょ?

いいえ、そんなことはありません!

 

今回、200部で3000円でした(送料込)。つまり、一冊15円!! レトロ印刷JAMのペラ紙印刷を使えば(今回はJ3たてながサイズ)、とっても安く出来るんですよ!

 

ちなみにレトロ印刷JAMは「甘いものは別冊」の帯でも使われていました。

というか私がマネッコしました笑

 

レトロ印刷JAMはその名の通りレトロな紙(わら半紙やハトロン紙など)が充実しているので、これまた紙フェチの私の心をくすぐります。

何よりすごいのが、納期が早い! 今回は入稿日の翌日発送ですよ、翌日!!  とりあえず本を入稿して、そのあとゆっくり帯のことを考えても間に合うんだから、ありがたいよね〜


……とはいえ、日曜の文フリにはもう間に合わないよね。そんな時は手作りしちゃえばいいのさ〜

新書ならA4A5サイズの本ならA3で作ってコピーして家で切ればいいのさ〜

裁断機を使いたければキンコーズでも行けばいいしね〜

かんたんだね!

 

 

3】本文を色刷りにしよう!

 

今回の「(どうでも)イイネ!」は、本文が濃紫刷りなんですよ〜!

 

 

これは「EditNetプリンテック」のオプションで、2100円でした。

2100円てことは、200部刷ったから一冊あたり10円ですよ。

一冊10円でこんだけ手っ取り早くオシャレ感演出出来るんだから、たやすいよね〜

 

ちなみに「娘と狼、妻と毒。」では、本文コゲ茶刷りにして、活版印刷っぽいフォントにしたので、レトロ感が出ていい感じでした。

 

先述の印刷屋、くりえい社、丸正インキでも本文色刷りは可能で、2500円〜3000円みたいですね

レッツトライ! でもあんまり薄い色にすると読みにくいから注意だぞ★(当たり前)

黒で刷るより、若干太めの字にすると読みやすいかもしれないね



4】おまけ これだけはやるな

私もなんだかんだ言って文学フリマに出初めて早3年、

誰にも教わらずに試行錯誤しながら本を作って来た感じなので、めちゃめちゃ失敗をしています。

ここにおしげもなく恥を晒しておきますので、

こんなミスをして悔しい思いをする人は私で最後にして……!

 

・本文用紙が色上質紙

これは旧版「バンドマンとは付き合うな」で失敗しました。

オシャレぶって本文用紙をキミドリにしたら目がチカチカして読みにくいよー!

本文用紙が色つきのメジャー流通の本としては、朝日出版社のideainkシリーズがありますので、

もし本文用紙を白以外にしたい人がいたら、このシリーズを参考にしつつ、

無難な色をチョイスすればいいんじゃないかなー。とにかくキミドリはやめろ。

 

・濃い色の紙に薄い色のインクを乗せる

これまた旧版「バンドマンとは付き合うな」での失敗。

表紙は、赤い紙にキミドリのインクを乗せたんだけど、刷り上がったら完全にスミ一色刷りにしか

見えませんでした。大変落ち込みました。

ちなみに印刷屋の人は「これだと多分黒っぽくなるけどいいですか?」と事前確認してくれていたので、

くりえい社は悪くないです。私のミスです。

 

・似た色で二色刷り

これはパッと見一色刷りに見えて損です。

「娘と狼、妻と毒。」の表紙での失敗。

濃いピンクと紫の二色刷りなんだけど、実質一色にしか見えない。

装丁って、「手が込んでる感」「安っぽくない感」「お金かけてる感」を

演出するのがめちゃめちゃ大事(私見)なので、

せっかく二色刷りでお金かけてるのに一色刷りに見えたら損です。

 

・縦長の本で表紙用紙が硬い紙

これは「甘いものは別冊」です。開きにくい!!

表紙用紙がもっと柔らかい紙だったらマシだったのに!

新書より細い本を作りたい場合は要注意です!

 

・表1、表4のデータを別々に作り、本の「背」を作り忘れる

これは「シベリア鉄道vol.1」での失敗。

印刷屋によって表1、表4を合体され、背のド真ん中に表14の継ぎ目が来るという、

最悪の背になってしまいました……(これまた印刷屋さんは悪くないです)。

ちなみに本の背にはタイトルを入れた方が絶対に良いです。

委託の本屋(中野タコシェとか新宿模索舎とか下北沢古書ビビビとか)に出す際に、

平置きでなくて棚差しになった場合、何の本だかわかんなくなっちゃいます。

あとやっぱり何気に背にタイトルが入ってるとすごくちゃんとした本に見える。

 

・表紙の紙が薄くて本文が透けちゃう

これは「音楽の花嫁」でのミス。

キラッキラで超カッコイイ「シャインフェイスシルバー」という表紙用紙を

チョイスしたのはいいものの、どうやら薄い紙らしい。

遊び紙(本文の前に入ってる色紙ね)もスケルトンにしてしまったため、

1ページ目がガッツリ透けてしまいました。

白い紙を表紙用紙として使う時は注意だ!!

 

・手につく系のインキでベタ刷り

これは「甘いものは別冊」の帯の話。

レトロ印刷JAMは良い印刷所なんですが、インクもレトロなものを使ってるから完全に定着せず、

ちょっと手につくんだよねー。(もちろんレトロ印刷のサイトにもしつこく注意書きがされている)

普通に文字を印刷する程度ならまったく問題無いものの、

チョコレートのパッケージを模してベッタリ茶色を印刷しちゃったら、

マジでチョコレート食ってる時みたいに指先が茶色になりました笑

レトロ印刷JAMでベタ印刷はやめよう!


こんな感じでしょうか。

今回の「(どうでも)イイネ!」では大したミスが無かったのでよかったです(今のところ)。

 

あえて言うなら、帯はわら半紙じゃなくてもっと硬い紙の方が良かったかなー。

わら半紙は柔らかいので、折っても折り目がしっかりつかなくてフニャンとしちゃうから、

巻いてもすぐ崩れちゃう。

 

でも、それ以外の点は大満足です!!

苦節3年、小説本作りを一人でコツコツ勉強して大成長したシブサワが、

初めて出すエッセイ本! そして、初の変型版!笑

 

今週末の超文学フリマまで、ぜひ買いに来てね〜

 

****************************************

超文学フリマinニコニコ超会議2 渋澤怜のブースは【オ37

2013428日(日)10:00~17:00

幕張メッセ(ニコニコ超会議内)

JR京葉線「海浜幕張駅」徒歩10分)

http://www.chokaigi.jp/2013/event/bunfree.html

****************************************

 

ちなみに、今回の超イカしたブックデザインをしてくれたのは、柿原華子さんです!

私のサイトのデザインも手掛けてくれてる、手広いバンギャルだよ!

当日はなんと売り子として私と一緒に参戦してくれるので、華様ファン(小娘)のみんなも買いに来てね〜

ふたりともボブだから間違えないように、注意な!

黒髪が華様、茶髪が私! 色白なのが華様、なんか全体的に薄汚れてるのが私! どっちかっていうと関西弁ぽいのが華様、日本語がおぼつかない方が私! うん、これなら間違えないね!

なんかバンギャルの世界では「貢ぎ物」という文化が定着しているため、華様目当てで貢物をくれる小娘さんから

ついでに「シブサワさんにも……」っつってお菓子をもらえることを楽しみにしています。ガメツイネ! 

ガルボをくれたらその場で直腸に入れつつ喜びますのでガシガシ貢いでくれ。待ってるよー

20130428超文学フリマinニコニコ超会議2にて、渋澤怜初のエッセイ「(どうでも)イイネ!」RELEASE!!

 超文学フリマまであと9日ー!!

 

 

ニコニコ超会議2内で行われるという、

ゴッタ煮と喧騒間違い無しのキワキワイベントに、渋澤怜も参加するよ!


****************************************

超文学フリマinニコニコ超会議2 渋澤怜のブースは【オ37

2013428日(日)10:00~17:00

幕張メッセ(ニコニコ超会議内)

JR京葉線「海浜幕張駅」徒歩10分)

http://www.chokaigi.jp/2013/event/bunfree.html

****************************************

 

お前ら、シブサワレイの新刊が読みたいかー?!

 

 

 

 

声が小さい! 読みたいかー?!

 

 

 

……

 

 

 

そうかそうか、恥ずかしくて「読みたい」なんて言えないんだね、

日本のシャイボーイシャイガール達よ。(ポジティヴシンキン!)

 

たとえお前らが買いに来なくても俺がお前らん宅のポストにねじ込むくらいの圧力でリリースするのが、この本!!

シブサワレイ初のエッセイ、その名も「(どうでも)イイネ!」

 

 

ブックデザインby柿原華子!

新書変型版56ページ、500円!

 

SNSをテーマにした自意識過剰系エッセイである。

 

自意識過剰過ぎて【拡散希望】とか言えない!

自意識過剰過ぎて女性専用車乗れない!

自意識過剰過ぎて自撮りをうp出来ない!

自意識過剰過ぎて村上春樹好きとか言えない!

自意識過剰過ぎて人前でワンチャンナデナデ出来ない!

 

そんな、自意識過剰過ぎる全ての人を救……わない、むしろ谷底に突き落としつつも自力で這い登る活力を与えるトゲットゲの全方位攻撃型エッセイである(全方位とは勿論自分も含む)。

 

コンテンツはこんな感じ! 全10章!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1 自意識と言う名の病 

ここから試し読み出来ます! だいたい全篇こんな感じ!


●2 自意識過剰チェックリスト

 

自意識過剰過ぎてアクセサリがつけられない!

自意識過剰過ぎて美容院に切り抜き持っていけない!

自意識過剰過ぎて無造作ヘアが出来ない!

 

そんなオシャレが不自由な人をはじめとして、

「女子力」「サブカル」「SNS」のカテゴリに分けて自意識の症例を乱暴に解説。

 

●3 占いが好きな女子が嫌い、そんなこと言う自分が嫌い

 

自意識過剰過ぎて診断メーカーが出来ない! 

「ご飯食べたい同士を探します」も、

#フォロワーさんが自分を紹介してくれます」も、

#○○RTされたら××晒す」も、

自意識が邪魔して全部出来ない!!

……そんなあなたと、「占い」の関係性について。

 

●4 自意識過剰過ぎて会話が出来ない

 

もはや自意識過剰過ぎて日常生活に支障が……!

自意識過剰じゃない人ほど、無邪気に自分語り出来る。

自意識過剰な奴ほど、

「こんなに自分語りしたら自分大好きだってバレちゃう! 我慢しなきゃ!」と、

強い抑制をかけているものです。

 

●5 「Twitterだと頭オカしい人だと思ってたんですけど、会うと普通ですね!」

 

↑この台詞言われると、

普通と言われても変人と言われてもイラつく自意識が両極着火して

ねずみ花火のように暴れ出してしまう。

 

●6 メガネは顔の一部じゃないし、顔は性格の一部じゃない

 

Twitter上の性格と、リアルの性格の相関関係について。

そして、

「セックス以外のコミュニケーションはネット上で出来るんじゃないの?」

という乱暴な仮説。

 

●7 スクールカースト転覆妄想

 

想像してごらん、顔の優劣がスクールカーストを決めない世界を……。

想像してごらん、スポーツ出来る奴が人気者にならない世界を……。

想像してごらん、ギークがヒーロー扱いされる世界を……。

そして、想像してごらん、

喋りが面白い奴じゃなく、打つ文字が面白い奴が天下を獲れる世の中を……!!

 

●8 芸能人はエゴサーチをやめろ

 

何気なく「○○面白い」ってツイートしただけで、

非公式RTして「ありがとうございます!!」って言ってくる芸人なんなの。

 

●おまけ1 もう初音ミクしか愛せない

 

だって初音ミクには自意識が無いもん!

自意識があるアイドルなんか全員嫌いだもん!

もうアイドルは初音ミク以外要らないもん! という話。

 

●おまけ2 朝井リョウ氏への敗北宣言

 

朝井リョウ氏が、Twitterを巡る自意識過剰系小説「何者」を書いちゃったので、

私が書きたかったこと全部二番煎じになっちゃったよー! という敗北宣言。

しかしこの小説、同じ自意識過剰を極める者として、

どうしても文句をつけたいところが二箇所ある……。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

以上、10章!

  

エッセイなんか初めて書いたけど。

普通エッセイって既に有名な人が書いて、ネームバリューによって売るものだが、

無名の私が書いてもテーマの一貫性と主張の激しさによって、

かなり強度のある一冊になったと自負している。

 

つまり、

SNSをテーマにした自意識過剰系エッセイ」

この一言に尽きる。

 

自意識過剰な自覚のある人、そして、Twitterが大好きな人は、

絶対に食いついちゃう内容であることを保証する。(食って吐くかもしれないが)

 

逆に、「自意識過剰って何~?」みたいな人は、読まない方がいい! 不愉快なだけ!(!)

気付かないことに価値がある、素晴らしい美徳を持った人は、永遠に、そのまま、気付かないでいて〜! 無邪気にワンチャンナデナデしてて〜!

 


……ねえ、「面白そう!」と思ったあなた、ちょっと拡散して下さらない?

RTして、シャア? シェア? とかしてくださらない?

 

実は謎の強気と女の勘で、普段の文フリの倍刷っちゃったん。

いっぱい買って、宣伝して〜!

サインでも握手でもチェキでもキスでもハグでも現地妻でも何でもするから〜!


 

……あっ、今、

「ハッ自分の身体に商品価値があるなんて思ってるわけ?

アラサーの癖に。甘ったれた思い込みを垂れ流してるんじゃねーよ自意識過剰乙」

って、思った? 思った?

 

思った人は超オススメ! 同類、同類! 買って、読んでね!